ヴァインベルク/交響曲第20番、チェロ協奏曲
(スヴェドルンド指揮 エーテボリ交響楽団 クラース・グンナルソン:チェロ)




Amazon.co.jp : Weinberg : Cello Concerto/ Symphony No. 20

HMV : Weinberg/Symphony No.20


先日、次女が16歳になりました。
誕生日は家ですき焼きをむさぼり食う肉食家族。

しかしこの子が16歳とは・・・この間まで赤ちゃんだった気がするんですけど。
いまやニョウボを見降ろしています(身長170cm)!

こういうときは

 「・・・なるほど、私も歳を取るわけだ」 

としみじみつぶやくのが定番。
しかし本音を言えば、自分としてはたいして歳とった気がしないのです。
子供が小さかったころ同様、まだ若いつもりです。
なので素直にそう言うと、

 「えー、そんなことないよー!」

 「しっかり老けてるよー!!」


二人の娘に明るくきっぱり否定されました・・・(泣)。


さて、シャンドス・レーベルモイセイ・ヴァインベルク・シリーズの新譜は
「交響曲第20番 作品150」
世界初録音です。 これは聴き逃せません。

「おとーさんが死んだら、このCDの山、どうしたらいいの?」
という声にめげず、早速購入しました、まだ死なんわい!

「交響曲第20番 作品150」(1988)は、ヴァインベルク(1919〜1996)の最後から2番目の交響曲(室内交響曲は除く)。
クローン病に苦しみながら書いたとのことですが、抒情と緊張感にあふれた美しい作品で、創作力の衰えは微塵も感じられません。

 Weinberg : Symphony No.20
 

緩ー急ー中ー急ー緩 のシンメトリックな5楽章構成、約40分の大曲です。
現代的なところはなく、過去のヴァインベルク作品と比べてもむしろ保守的なほど。
プロコフィエフ・ショスタコーヴィチ路線に回帰した、懐古的な響き。
こういうアナクロなところが、シュニトケグバイドゥリーナに比べて再評価が遅れた一因でしょうけれど、
ヴァインベルクの老練な職人技は随所で光り、聴きごたえはBIGであります。

とくに第4楽章アレグロ・モルトのエネルギーの爆発には圧倒されます。

そしてフィナーレ・第5楽章は13分にも及ぶレント。
弦楽器主体の透明で悲痛な哀歌、中間部にはアルト・フルートの瞑想的な長いソロがあり、最後はハ長調の主和音でおごそかに閉じられます。

いやー、これはいい曲だわ。
ロシア系交響曲ファンには大推薦。
はじめてヴァインベルクを聴かれる方にも安心してすすめられます。


「チェロ協奏曲 作品43」(1948)は、確かこれが4番目の録音。
20世紀のチェロ協奏曲では、隠れた人気曲になりつつあるのかも。
全編にあふれるユダヤ的な哀愁の歌にただただ魅了されます。
これまた古典的で、素直な直球勝負の作品であり、ショスタコーヴィチやプロコフィエフの協奏作品のように斜に構えたところや超絶技巧には乏しく、
ちょっと食い足りないかも知れませんが、とにかく綺麗で聴きやすい。

 Weinberg : Cello Concerto 3rd Mvt
 

しみじみ系チェロがお好きな方には超オススメです。

(2012.7.1.)

その他の「ヴァインベルク/交響曲」の記事
ヴァインベルク/交響曲第1番&第7番
ヴァインベルク/交響曲第1番&チェロ協奏曲
ヴァインベルク/交響曲第2番&室内交響曲第2番
ヴァインベルク/交響曲第3番 ほか
ヴァインベルグ/交響曲第4番、シンフォニエッタ第2番 ほか
ヴァインベルグ/交響曲第5番、シンフォニエッタ第1番
ヴァインベルグ/交響曲第6番(コンドラシン指揮)
ヴァインベルク/交響曲第6番 ほか(フェドセーエフ指揮)
ヴァインベルク/交響曲第6番ほか(ランデ指揮)
ヴァインベルク/交響曲第8番「ポーランドの花」
ヴァインベルク/交響曲第10番ほか(クレメラーア・バルティカ)
ヴァインベルク/交響曲第12番「D・ショスタコーヴィチの思い出に」
ヴァインベルグ/交響曲第16&14番
ヴァインベルク/交響曲第17番「記憶」(フェドセーエフ指揮)
ヴァインベルク/交響曲第17番「記憶」(ウラディミール・ランデ指揮
ヴァインベルク/交響曲第18番「戦争、これより残酷な言葉はない」 ほか
ヴァインベルク/交響曲第19番「輝ける五月」 交響詩「平和の旗印」
ヴァインベルク/交響曲第21番「カディッシュ」ほか
ヴァインベルク/舞踏交響曲&交響曲第22番



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ