サン=サーンス/ヴァイオリン協奏曲第3番

Amazon.co.jp. Amazon.co.jp. Amazon.co.jp.
HMV icon HMV icon HMV icon
Tower@jp Tower@jp


サン=サーンス:ヴァイオリン協奏曲第3番 第3楽章



前にご紹介した「船上でチェロを弾く」のなかで藤谷治さんは、
最近サン=サーンス(1835〜1921)が気になっている、と述べておられます。

  なんなんだろう、この人の音楽は。つまらんといえばつまらんが、聴こうとすると掘り下げられるものが多いようにも思え、
  だが掘り下げようとすると意外なほど軽薄な音が鳴っていたりする。僕はまだ、きちんと「こう!」といえない段階である。
                                                 (「船上でチェロを弾く 203ページ)

サン=サーンスの音楽、私は大好きです。
しかし考えてみると、その人間像に関しては
ほとんど何も知らない
ことに気づいて軽くびっくりの今日このごろ。

音楽のみならず文学・歴史・天文学・絵画・演劇などにも造詣が深く、さながら歩く百科事典のようだったとか、
頑固で気難しく人間嫌いだったとか、
ドビュッシーとは犬猿の仲だったとか、
ベートーヴェンのピアノ・ソナタはすべて暗記していて、どの曲のどの楽章でも暗譜ですぐ弾けたとか
北アフリカが好きで、アルジェリアで客死したとかは聞いておりますが・・・。
結局どういう人だったのでしょうか。 イメージが浮かびません。

まあ、作曲家の人間像なんて、どうでも良いことかもしれません。
作品が素晴らしければ、それがすべて。


さて、ヴァイオリン協奏曲第3番 ロ短調 作品61、傑作のほまれ高い曲です。

しかし、ロマン派のヴァイオリン協奏曲の中では、メンデルスゾーン、チャイコフスキー、ブルッフの後塵を拝し
ちょっと影が薄い感は否めません。
まあ、グラズノフには勝ってるかもしれませんけど。

ほの暗い悲愴感と優雅さが溶け合った、情熱の第1楽章
運河の上でゴンドラに揺られているような、夢見る第2楽章
勇壮で凛とした主題に魅了される、自由なロンド形式の第3楽章

ドラマティック&デラックスな、超弩級の大傑作協奏曲だと思うんですが・・・もっと人気あってしかるべきかと。

私の愛聴盤を3種類ご紹介いたします。

まずはフランチェスカッティ独奏/ミトロプーロス指揮/ニューヨーク・フィル
1950年のモノラル録音ですが、ツヤツヤ美音と粋な歌い回しが、もう最高。
ところどころ弾き飛ばしてる感じですが、これ仕様ですよね、狙ってやってますよね?
微笑みながら軽々と弾いている様子が目に浮かびます。
軽妙洒脱、優雅で華麗、この協奏曲のラテンなノリにぴったりです。
一部に慣習的なカットがあるのが残念。

次に、グリュミオー独奏/ロザンタール指揮/コンセール・ラムルー管弦楽団
1963年の録音。フランチェスカッティよりは少し、かなり、相当几帳面ですなぁ。
隅々までコントロールが行き届いた、明快で洗練された演奏であります。
のびやかさ、華やかさも適切に配分された、完璧な名演を実現。
サン=サーンスの古典主義者的側面を強く感じさせてくれます。

キョンファ・チョン独奏/フォスター指揮/ロンドン交響楽団
1974年、チョンのデビュー間もないころの録音。
燃えたぎる情熱、あふれる気迫、そこまでやらいでもと言いたくなるほどの没入型演奏
その力の入りようは少々泥臭いほどで、
フランチェスカッティが聴いたら「やだねえ、カッカしちゃって」とか言いそうですが、
スケールの大きさと高揚感はピカイチ。
ちなみに演奏時間も一番長いです。

(11.4.13.)

その他の「サン=サーンス」の記事
サン=サーンスのピアノ協奏曲
サン=サーンス、イザイ/珍しい編曲集
サン=サーンス/管楽器のための3つのソナタ
サン=サーンス/ヴァイオリン・ソナタ&弦楽四重奏曲全集
サン=サーンス/ピアノ協奏曲全集(ジャンヌ=マリー・ダルレ独奏)
サン=サーンス/ピアノ協奏曲第4&5番(田中希代子)
サン=サーンス/チェロ協奏曲第1番ほか(ソル・ガベッタ)
サン=サーンス/チェロ・ソナタ第1&2番
サン=サーンス/幻想曲、チェロとピアノのための組曲、ピアノ四重奏曲
サン=サーンス/レクイエム




「お気に入り音楽箱(クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ

「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ