サン=サーンス/ヴァイオリン・ソナタ&弦楽四重奏曲全集(2枚組)
(シャルリエ:vn ユボー:pf ヴィオッティ四重奏団)



Amazon.co.jp : Saint-Saens: Str Qrts Nos 1 & 2 / Vln Pieces

HMV : サン=サーンス/ヴァイオリン・ソナタ&弦楽四重奏曲全集 icon

<曲目>
ヴァイオリン・ソナタ第1番 作品75
ヴァイオリン・ソナタ第2番 作品102
弦楽四重奏曲第1番 作品112
弦楽四重奏曲第2番 作品153
ほか


優雅にして流麗


暑いですね。。。
天気予報を見ていて、思わず「ひゃーっ!」と叫んでしまいました。
わが町の明日の予想最高気温、37度!
体温より高いじゃないですか!

こ、怖いよ・・・。
ホラー映画より天気予報のほうがよっぽど怖いよ、今年の夏は。

なのでさわやかに涼しげな音楽を。

サン=サーンス(1835〜1921)の、ヴァイオリン・ソナタと弦楽四重奏曲

まずはヴァイオリン・ソナタ第1番ニ短調
ほの暗い哀愁を帯びた第1楽章第一主題のクールでカッチョイイこと。
そして第二主題を伴奏するピアノのアルペジオは涼しげな噴水のよう。
第2楽章アダージョも、木陰でまどろむような涼しげな音楽。
軽やかなスケルツォを経て、一陣の風となって吹き抜けてゆく快速フィナーレまで、聴くだけで体感温度が2度は下がりそうな名曲です。

華やかにして爽やか。
フランクのヴァイオリン・ソナタに負けていないと思うのですが、フランクの半分も有名でないのが不思議でなりません。
知的で洗練されすぎたところが、ちょっと冷たい感じを与えるのかもしれません(←べつにフランクに知性がないというんじゃなくて)
でも、そのひんやり感が真夏にはぴったりです。

 サン=サーンス:ヴァイオリン・ソナタ第1番
 

ヴァイオリン・ソナタ第2番は、第1番よりは地味ですが、がっしりと構築されたたくましい曲です。
でもこちらは正直それほど涼しくないかも・・・。


弦楽四重奏曲は、2曲とも円熟期の作。
第1番は64歳、第2番に至っては84歳の作品なのですが、
ともに活き活きしたみずみずしさに魅了されます。

弦楽四重奏曲第1番の、ヴァイオリン・ソナタ第1番にも似た、ひんやりとした洗練はとても魅力的ですが、
より味わい深いのはやはり最晩年の第2番でしょうか。
優しく透明、シンプルで無駄のない3楽章の小さな音楽です。
でも、中にはたくさんの大きなものが詰まっている気がします。
ドラエモンのポケットみたいな曲ですね(なんじゃそりゃ)。
同じく最晩年の大傑作、管楽器のための3つのソナタに通じる、
天才が到達した融通無碍・自由自在な境地を賞味しない手はありませんのであります(←ややこしい)。

 サン=サーンス:弦楽四重奏曲第2番・第3楽章 アンダンティーノ〜アレグロ・コン・モート
 
天国的に澄み切ったフィナーレです。

(10.8.1.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ