ビーバー/ロザリオのソナタ
(レイチェル・ポッジャーほか 2015録音)



Amazon : Rosary Sonatas

Tower@jp : Rosary Sonatas


ハインリヒ・イグナツ・フランツ・フォン・ビーバー(1644〜1704)の「ロザリオのソナタ」といえば、
二十世紀の頃はちょっとした秘曲あつかい、知る人も少なければCDも少なく、
深夜に独りで聴いていると隠れキリシタンにでもなったような気がしたものです。

まあこの曲は聖母マリアの受胎告知から被昇天、戴冠までを音で描いた描写音楽なので、
たしかにキリシタンはキリシタン・・・なのですが聴いているうちに宗教的な面はどうでも良くなってきます。

 とにかく音楽として素晴らしすぎるのです!

 ソナタ第1番「大天使ガブリエルによる聖母御身籠りのお告げ」
 

その後徐々に人気が出て、この曲を取り上げるヴァイオリニストも増えました。
とはいえ16曲ものソナタをまとめたCD2枚に及ぶ大曲だし、
1曲ごとに異なるスコルダトゥーラ(変則調弦)が指定されるめんどくさい曲なので、全曲録音はなかなか大変な模様。
ましてライヴでやろうものなら、さまざまな調弦のヴァイオリンをあらかじめ用意しておく必要があります。
よくもまあこんな妙ちきりんな曲を作ったものですが、にもかかわらず挑戦するヴァイオリニストは続々と現れます。

 とにかく音楽として素晴らしすぎるのです!

 ソナタ第4番「主イエズスの聖殿への拝謁」
 

イギリスを代表するバロック・ヴァイオリニスト、レイチェル・ポッジャーの録音は、暖かさと丸みを帯びたなめらかなビーバー。
エキセントリック成分や刺激成分は控えめに、連綿たる抒情の世界が展開されます。
滴るような艶を含んだ美音で随所に即興的な装飾を入れ、「お、ここはこうくるか」と思わせる遊び心も。
上品・洗練系の「ロザリオのソナタ」として、最右翼に御鎮座いただきたい演奏です。

 ソナタ第10番「十字架にかけられるキリスト」
 

楽器編成はヴァイオリンに加え、テオルボ(またはアーチリュート)、オルガン(またはチェンバロ)、チェロ(またはヴィオラ・ダ・ガンバ)のオーソドックスな四人編成。
優美なソノリティを堅持しながら、どこまでも明晰です。
よどみなく流れながら、細部もくまなく響かせます。

 ソナタ第14番「聖母被昇天」
 

なお、「こんなお上品な演奏、聴いてられるかー!」と仰る向きにはグナール・レツボアの録音をおすすめします。
呪術的なまでに泥臭く、隈取りして見得を切ってるような濃い演奏で、これも大好き。
さまざまなアプローチを許容する、懐の深い名曲ですね。

「ロザリオのソナタ」、ホントに素晴らしい名曲です。
いくら聴いても聴き飽きません・・・。

(2019.06.15.)


その他の「ハインリヒ・イグナツ・フランツ・フォン・ビーバー(長いよ)」の記事
ビーバー/ロザリオのソナタ(ワルター・レイター盤)
ビーバー/ロザリオのソナタ(アンドルー・マンゼ盤)
ビーバー/ロザリオのソナタ(グナール・レツボア盤)
ビーバー/ロザリオのソナタ(スザーネ・ラウテンバッハー盤)
ビーバー/ヴァイオリン・ソナタ集(寺神戸亮)
ビーバー初期作品集「ヴィルトゥォーソ・イン・ザ・メイキング
ビーバー/技巧的で楽しい合奏音楽


その他の「レイチェル・ポッジャー」の記事
テレマン/無伴奏ヴァイオリンのための幻想曲(ポッジャー独奏)
バッハ/無伴奏チェロ組曲(ヴァイオリン編曲版)
モーツァルト/ヴァイオリン・ソナタ全集(ポッジャー/クーパー)
ヴィヴァルディ/ヴァイオリン協奏曲集 作品4「ラ・ストラヴァガンツァ」

「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

「整理戸棚 (索引)」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ