ヴィルトゥォーソ・イン・ザ・メイキング
(ビーバー初期作品集)
 (演奏:リコルド)
(LINN CKD 195)



Amazon.co.jp : Biber: Virtuoso in the Making

HMV : Biber/Early Chamber Works icon



You Tube/ビーバー:ソナタ ホ長調(本CDより)


「ビーバー初期作品集」
といっても古いエアコンの展示会ではありません(誰もそんなこと思わんって)

ハインリッヒ・イグナツ・フランツ・フォン・ビーバー(長いぞっ!)、
1644年にボヘミアで生まれ、1704年にザルツブルグで亡くなった作曲家/ヴァイオリニストです。
代表作はなんといっても「ロザリオのソナタ」(以前ご紹介しました)。

彼の音楽の特徴は、実験的・野心的・革新的であること。
ヴァイオリンの調弦をわざわざ違えて曲を書いたり、
無伴奏ヴァイオリンのためのパッサカリアを書いたり(バッハのシャコンヌの先駆)、
ザルツブルグ大聖堂のために53声部という超弩級のミサ曲を作ったり、
いろいろ面白いことをやってくれました。
腕が立つと同時に、けっこうな目立ちたがり野郎だったのでしょう。
このCDはそのビーバーの知られざる初期作品を集めた一枚です。

収録曲が知られざる作品ばかりなのも当然、若きビーバーが仕えていた
モラヴィアのクロム・ニェジェーシュ城に所蔵されている未出版の自筆楽譜を、
演奏者たちがみずから校訂したものです。
「そこまでして珍しい曲が弾きたいんかい!」と言いたくなりましたが
こちらも珍しい曲が聴きたいから買ったわけで、おあいこですな。

内容は、ヴァイオリン曲が中心ですが、トロンボーンをフューチャーした曲と、リュート独奏曲を1曲ずつ入れています。
若き日の作品と思って聴くからなのか、 素直でイキの良い曲が多くて、楽しいです。
これがデビューCDとなる若き古楽器グループ、リコルドも、
比較的単純な楽譜からイマジネーションあふれる音楽を創造しています。
「ソナタ ホ長調」後半のノリの良い舞曲調とか、トラック9の荘重なシャコンヌなどが特に気に入りました。
楽譜、そう、このCDはなんと、エクストラトラックにすべての曲の楽譜が収録されていて、
アクロバット・リーダーで見ることができます。
昔のクラシックレコードにはときどき「楽譜つき」のものがありましたが、
ああいうのが形を変えて戻ってきたみたいで、うれしいですね。

みずみずしい録音も素晴らしいですが、リンですから、これはいわずもがな。

(03.2.7.記)


その他の「ビーバー」の記事
ビーバー/ロザリオのソナタ(ワルター・レイター盤)
ビーバー/ロザリオのソナタ(アンドルー・マンゼ盤)
ビーバー/ロザリオのソナタ
ビーバー/ヴァイオリン・ソナタ集(寺神戸亮)
ビーバー/技巧的で楽しい合奏音楽


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ