ランゴー/天球の音楽、終わりの時、深き淵より 
(ダウスゴー指揮 デンマーク国立交響楽団)




Amazon.co.jp : Music of Spheres / The Time of the End

HMV : ランゴー/天球の音楽 ほか icon

Tower@jp : Langgaard: Music of the Spheres



いやー、びっくりしましたー!

なにがって、デンマークの変人作曲家ルーズ・ランゴー(1893〜1952)の代表作「天球の音楽」(1916〜18)の新録音が発売されたのです。

この珍曲、もとい名曲を、聴き比べできる日が来ようとは・・・・・世も末、じゃなかった有難いことです。

以前から出ていたのは、ロジェストヴェンスキーの録音(1997 Chandos)。
今回発売されたのは、最近ランゴーの交響曲全集を完成させた、トマス・ダウスゴー指揮による演奏です。

ダウスゴーによる交響曲全集は、それはもうハイレベルかつ精緻。
ランゴー作品のひねくれたところや、ワケわからんところや、意外に能天気なところを、余すことなく素直(?)に表現した名演ぞろいであります。

そのダウスゴーが指揮する「天球の音楽」・・・・・

いやおうなく期待が高まります!

では、あらためて依頼品を聴いてみよう。
 

 ・・・やっぱ、むちゃくちゃ変な曲です!


メロディとリズムを(ほぼ)放棄して、ひたすら音響・音色を追求した40分もの大作。
トーン・クラスターあり、ミニマル・ミュージックあり、ピアノの内部奏法あり。
100年近く前の曲ですよ・・・。
当時は理解されなかったのも当然。

ストラヴィンスキー「春の祭典」(1913)とほぼ同時期の作品ながら、コンセプト的にはストラヴィンスキーに劣らない、いやひょっとすると先を行っています。
まさしく天才・・・・・ある意味では。
リゲティの先駆者といわれるのも、むべなるかなです。

ダウスゴーの演奏は、ロジェストヴェンスキー盤とくらべると、より繊細でひそやかな印象。
ダイナミックなロジェヴェン、デリケートなダウスゴー、お好みでどうぞです。


併録の「終わりの時」は、オペラ「アンチ・キリスト」の聴きどころをダイジェストした25分ほどの作品。
ちょっととっつきにくいかなあ・・・正直わたしにはよくわかりませんでした。


「深き淵より」は、ランゴー晩年の作品。
合唱と管弦楽のための曲ですが、導入部分の管弦楽だけで完全にもっていかれます。
いやあー、勇壮だわ、カッコイイわこれは。
いっぽうで何かにせかされるような切迫感・焦燥感も感じられます。
オルガンのコラールを経て、合唱が加わってからの夢幻的で敬虔な響きも圧倒的で、思わずひざまづいて悔い改めたくなるほどです。

このCD聴いて、「ランゴー教」に入信する人が、ちょっぴり増えるかな?

 「天球の音楽」録音風景など
 

(10.10.7.)



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ