ランゴー/交響曲第4番「落葉」
第5番「草原の風景」 第6番「天国強襲」

ネーメ・ヤルヴィ指揮 デンマーク国立放送交響楽団


Amazon.co.jp : Langgaard: Symphonies 4, 5, 6

HMV : Langgaard/Symphonies 4〜6 icon



デンマーク作曲界のひねくれもの、ルーズ・ランゴー(Rued Langgaard 1893〜1952)。

ワタクシ本人は非常に素直で円満な性格ですが(←自分で言うか)、ランゴーの音楽にはなぜかとても惹かれます。
今までに、交響曲第1番天空の音楽交響曲第2&3番をご紹介してきました.

交響曲第4番「落葉」(1916)は、ランゴーの変人ぶり個性が大きく花開いた傑作。
第3番まではいちおう古典的形式を守っていたランゴーが、いきなり、彼の交響曲の一大特徴「単一楽章で無形式」を前面に押し出してきます。
シベリウスの第7番(1924)よりどれだけ早いんだ・・・(しかもまだ23歳の若造が!)

響き自体はロマン派マーラーR・シュトラウス風)で分厚く、きれいなメロディも随所に登場、
前衛的な部分もせいぜいニールセン程度で、一聴親しみやすい雰囲気。
ただし全曲は13の短い部分に分かれているものの、これといった形式も脈絡もありません。
13のうち8つの部分には表題がついています。

 森のさざめき
 太陽のきらめき
 雷鳴
 秋の!
 疲れ!
 絶望
 日曜の朝(鐘)
 終わりに!


ビックリマーク(!)のつけ方が妙です・・・。

「悩める主人公がを散策している。 しばらくは太陽がきらめいていたが、やがて雷鳴がとどろく。
 雷がおさまり、『あー、だなあ!』としみじみするものの、思わず『疲れたなあ・・・』と、つぶやいてしまう。
 うまくいかない人生に絶望していると、日曜の朝の教会のが鳴り響き、なんとなく救われた感じで終わる

・・・という流れになるのでしょうか。
表題があいまいな交響詩といえるかもしれません。
要するに「落ちこんだりもしたけれど、わたしはげんきです」って曲なのか(そうかあ?)

でも音楽はどちらかというと華麗派手壮大
でだしからいきなりドッカーン!です、どこか「落ち葉」やねん。
それでも一つ一つの部分がとても美しいうえ、不思議なまとまりもあり、まあ名曲と呼んでも良いんじゃないかと。 私はかなり好きです。

 

交響曲第5番「草原の風景(1931)も単一楽章。
短い序奏に続いて勇壮に登場する主題はスケール大きくカッコよく、これだけで「つかみはOK!」。
続いて第二主題風のやさしいメロディも現れ、「お、ソナタ形式?」と思わせます。
が、結局のところこれといった形式はなし。
終わり近くで最初の主題が回帰したりして、ある程度は形としてまとめようとしたのかなランゴーさん。
でも突然ウィンナ・ワルツ風になるところや、唐突な終わりかたは、やはり面目躍如。
そしてこのダイナミックで壮麗な曲が、なぜに「草原の風景」なのかは、さっぱりわかりません。

なおこれに収録された第5番は「第2版」でありまして、「第1版」(1926)は、さらにわけのわからない曲(←褒めてます)
もう完全に無形式、とくに終結部のヴァイオリン・ソロのぶっ飛び具合はしびれます。
第1版のほうを高く評価する声もあるそうです。

 

交響曲第6番「天国強襲」(1919)は、
「天国に悪魔の軍団が襲い掛かるが、神と天使たちがこれを撃退する」
というストーリーだそうで、いちおう二つの主題にもとづく変奏曲ということですが、勝手気ままに書いたとしか思えません。 
例によって形式はあって無きがごとし。
平穏で天国的な冒頭部はとても美しく、続いて鐘が鳴り響いたり、ハープのグリッサンドが駆け巡ったり、突然フーガが始まったり、
ひたすら派手でやかましく盛り上がります。
しかし全曲を覆う緊迫感華麗なオーケストレーションにはただただ魅了。
やっぱりこの人の才能と実力、並じゃありません。

 

ロマン派の異端児・ランゴー「傑作の森」を収めた一枚なのであります。

なお、ランゴーの交響曲は全部で16曲。
まだまだ傑作ありますよ。

(08.6.15.)


ルーズ・ランゴー/交響曲の記事
 ランゴー/交響曲第1番「岩の田園詩」
 ランゴー/交響曲第2&3番
 ランゴー/天空の音楽
 ランゴー/交響曲第6〜8番
 ランゴー/交響曲第9〜11番
 ランゴー/交響曲第12〜14番
 ランゴー/交響曲第15&16番 ほか


第5番の第1版が収められたCDです

Amzon.co.jp : Langgaard: Symphonies No. 4 & 5(T&U)


「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ