ランゴー/交響曲第15&16番ほか
(トマス・ダウスゴー指揮 デンマーク国立交響楽団)


Amazon.co.jp : Langgaard: Symphonies 15 and 16

HMV : Langgaard/Symphonies No.15&16icon

Tower@jp : Langgaard: Symphonies No.15 & 16, etc


<曲目>
頌歌(グリーグの死に)
管弦楽のための音詩「スフィンクス」
ヴィズビェア頌歌
デンマーク放送
「馬鹿げたこと?」
交響曲第15番「海の嵐」
交響曲第16番「太陽の氾濫」



ルーズ・ランゴー交響曲全集完結!


デンマークの無名作曲家、ルーズ・ランゴー(1893〜1952)。

なぜかこの偏屈おじさんの交響曲に取り付かれてしまった私です。
ふと気がつけば全交響曲のレビュー(こんなものがレビューと言えればな!)
達成しかけているではありませんか。
いったい何がこんなものを私に書かせるのでしょう?
悪いものに憑かれているとしか思えませんなあ。


交響曲第15番「海の嵐」(1937/1949)

ランゴーは1937年に、有名な詩人ラーセンの詩を用いて「バリトン独唱と男声合唱と管弦楽のための『夜の嵐』」を作曲しました。
しかし、いちども演奏されることはありませんでした。 くすん。

時は流れて12年後、1949年2月のある夜、ランゴーは散歩にでかけました。
夜の散歩が趣味だったそうです(←2月ですよ、寒そう〜)
その夜は嵐が吹き荒れていました(←おまけに危ない!)
ところが、嵐の夜に散歩して変なスイッチが入ったのでしょうか、
午前4時に帰宅したランゴーは、いきなり新しい交響曲のスケッチにとりかかり、
7時にはだいたいできちゃったと言うからびっくりです(17分程度の曲とはいえスゴイ)
終楽章には以前作曲した『夜の嵐』をそのままもってきました。
スイッチ入っちゃってたランゴーは、つづいてわずか10日でオーケストレーションも完了!

・・・しかし例によって作曲者の存命中に演奏されることは無く、初演は死の24年後、1976年でしたとさ。 くすん。

ランゴーはローデンバックの小説「死の都」が好きだったそうでコルンゴルドがオペラにしたあれですね)
そこからもインスピレーションを得ているそうです。

わずか1分ほどの第2楽章(短いワルツ)を別にして、青い炎のような暗い情熱に浮かされたこの交響曲は、
第10番「ここは雷の住みか」などとともに、「ランゴーの暗黒面」が前面に現れた力作。
響きはワーグナー/R・シュトラウスをやや前衛にした感じです。

 

交響曲第16番「太陽の氾濫」(1950〜51)

交響曲第11番「イクシオーン」とそっくりな主題で幕を開ける、21分ほどの華やかで堂々たる交響曲。
第15番とは対照的に、「ランゴーの陽性面」がよく出たコケオドシ風祝典的豪華絢爛楽章の連続です。
「エレジー」と題された第4楽章もタイトルほど悲しげでなく、甘くロマンティックなマーラー風アダージェット、天国に遊ぶランゴーって感じですが、
センチメンタルなところが感じられず、なんかドライなのがこの人らしい。

この曲、明るく陽気に聴こえますが、
じつは衰えゆく健康のなかで書かれ、自身も「最後の交響曲」と意識していたらしいです。
タイトルは「天国に入るとき、太陽の氾濫のようなまぶしい光に包まれる」ことを意味しています。

高らかに鐘が鳴り響く壮大な第5楽章・ファンファーレ風フィナーレを聴きながら、光に包まれて天国に昇っていく偏屈おじさん・ランゴーを想像してあげてください。
この曲も初演は1966年、ランゴーが天国に昇ってから14年後でした。 くすん。

 


偏屈おじさん・ランゴー
髪型がチャーミングです



なお、このCDには、ランゴーの管弦楽曲も何曲か収められています。
10代の作品である「グリーグの死に」「スフィンクス」を聴くと、
ランゴーがまぎれもない天才であったことがよくわかります。

「ヴィズビェア頌歌」(1948)は、
ヴィズビェア教会で行われた歴史イベントのために作曲された3分程度の曲。
1260年のクリスマス・イヴにBishop Oluf Globという人が
この教会の祭壇の前で甥に殺害された故事にちなんでいるそうで
デンマークでは有名な話なんでしょうね。
この曲は珍しく(?)ランゴー存命中の1950年に演奏されています。

わずか1分ほどの「デンマーク放送」(1948)は、
デンマーク放送のテーマ曲を華やかにというか、悪趣味なまでに大仰にアレンジした曲らしいです。
たまに自作を演奏し放送してくれる放送局への感謝のプレゼント(?)なんでしょうきっと。
でも1976年まで演奏されませんでした。 くすん。

「馬鹿げたこと?」(1948)は、
合唱と大管弦楽のための作品。
オルフの「カルミナ・ブラーナ」第1曲を思わせる、壮大で緊迫した30小節の音楽が、
しだいにテンポを上げながら何度も繰り返されます。
しかし歌詞は「馬鹿げたこと」という言葉を繰り返すのみという「馬鹿げた」曲です。
自身の不毛な作曲家人生を笑いのめしているのでしょうか(自虐ネタか?)
このCDの録音が初演奏とのことです。



やれやれ・・・、当HP迷物、「ランゴー・交響曲シリーズ」、これで終了でございます。
御用とお急ぎでない方は、1,2曲聴いてみられてはいかかでしょうか。
最初に聴かれるなら、交響曲第4番「落葉」、第5番「草原の風景」あたりがよろしいかと。

(09.5.26.)



「木曽のあばら屋」ランゴー/交響曲シリーズです

ランゴー/交響曲第1番「岩の田園詩」
ランゴー/交響曲第2&3番
ランゴー/天空の音楽
ランゴー/交響曲第4番「落葉」 第5番「草原の風景」 第6番「天国強襲」
ランゴー/交響曲第6〜8番
ランゴー/交響曲第9〜11番
ランゴー/交響曲第12〜14番



お得なボックス・セットが出ました。
思わず買ってしまいそうで怖い(←全部持っとるやないか!)

Amazon.co.jp : Rued Langgaard: Symphonies

HMV : Langgaard/Complete Symphonies icon

Tower@jp : ランゴー/交響曲全集


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ