BAND-MAID/glory & Bubble
(2019)

Amazon : glory Amazon : Bubble
Tower@jp : glory Tower@jp : Bubble


親分:2019年1月、BAND-MAIDがシングル2枚同時リリースしたぞっ!

ガラッ八:シングル2枚? どうせなら1枚にまとめてくれた方が地球にやさしい気がするんですが。

親分:それぞれのタイアップがあるから、一緒にできなかったらしいんだ。
  もともと某アニメのED曲"glory"のシングルをリリースする予定だったところに、別のTVドラマのED曲が決まり急遽もう一枚"Bubble"がリリースされることになったらしい。

ガラッ八:それにしてもいちどに2曲タイアップとは、めでタイことでやんす。

親分:"glory"のほうは去年出たアルバム"WORLD DOMINATION"の流れをくむゴリゴリのハードロック。

 

ガラッ八:カッコイイMVですねー。

親分:しかし曲の構成は複雑で、一風変わったコード進行、あえて拍節感を無視したフレージング、大胆な転調、めいっぱい詰め込んだ歌詞。
  一度や二度聴いたくらいでは何が何やらわからないほどだ。

ガラッ八:たしかにぱっと聴いてすっと入ってくる曲ではないでやんすね。

親分:少なくとも単調な常套さからはまぬがれているので、「なんじゃこれは?」と思った人はとにかく繰り返し聴くといいと思う。

ガラッ八:繰り返し聴いて、気付いたときにはもう手遅れってわけでやんすね。

親分:手遅れってなんだよ?

ガラッ八:そりゃもう親分みたいに、CD全部買って、ライヴも何度も行って、グッズもいろいろ・・・。
  そういやこないだ新しいTシャツ買ってましたね。

 

ガラッ八:オッサンがどこに着ていくんですか、こんなの?

親分:ほ、ほうっておいてもらおうか(震え声)。
  あと楽器隊が雄弁なのがこのバンドの特徴、たとえば一番と二番では楽器が全く違うフレーズを弾いているのがおぬしに聴き取れるかな。
  各楽器の織り成す対位法をちゃんと味わってほしいもんだ。

ガラッ八:弦楽四重奏曲かなんかですかいこれは!

親分:しかしこの複雑なバックを従えて歌えるヴォーカルも凄いと思う。
  例によって曲の最後に新しいメロディをぶっこんで終わるスタイルも健在、作曲担当KANAMIの好みなんだろう。

ガラッ八:「カナミ」と「コノミ」で韻を踏んでみたんですか?

親分:関係ないって。

ガラッ八:で、もう一枚のほうはどうなんで。

親分:"Bubble"のMVは映画「ボヘミアン・ラプソディ」へのオマージュになっていて、さきに映画を観ておくと倍楽しめる。

ガラッ八:あー、あれは面白い映画でしたね〜。

 

 

 映画「ボヘミアン・ラプソディ」予告編
 

親分:"glory"とはアレンジが違い、ずいぶん音が薄くなっている。

ガラッ八:たしかに爆音じゃないですねー、聴きやすいでやんす。

親分:KANAMIによると以前は音がぶつかっても気にせず「これも入れようあれも入れよう」と詰め込んでいたが、前のシングル"start over"あたりから「音を抜く」ことを始めたらしい。
  結果さらに洗練され、一見さんにも聴きやすいサウンドになっている。

ガラッ八:この曲も最後に新しいメロディをぶっこんで終わるんですね、好きだなあこのスタイル。

親分:どちらもすぐに口ずさめる曲ではないので一般受けはちょっと心配だが・・・。

ガラッ八:むしろジャズやクラシックが好きな層に受けるかもしれやせん。

親分:あと、2枚ともカップリング曲がとてもいい、タイトル曲と遜色ない出来だ。バンドの実力というか勢いを感じるな。

ガラッ八:このバンドの目標、「世界征服」でしたっけ? するってえとこれで目標達成も目前ってわけで?

親分:そ、それはまだちょっと早いんじゃねえかな〜。

 

(2019.01.20.)


その他の「BAND-MAID」の記事
BAND-MAID/Brand New MAID
BAND-MAID/Daydreaming & Choose Me
BAND-MAID/Just Bring It
BAND-MAID/WORLD DOMINATION



「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

「整理戸棚 (索引)」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ