BAND-MAID/Brand New MAID
(2016)



Amazon : Brand New MAID (Type-A)(DVD付)

Tower@jp : Brand New MAID

親分:BAND-MAID のお給仕(ライヴ)に帰宅(参加)してきたぞっ!(@岡山) これで3回目。

ガラッ八:懲りない人でやんすね〜、去年それでグロッキーになってたの誰でしたかね?

親分:余計なお世話だいっ!
  正直スタンディングのライヴは少々しんどいお年頃のワタシ、でも運動とストレス発散にはなるよ。
  まだ耳が多少わんわんいってるが・・・ふくらはぎもパンパンしているが・・・それにしてもライヴ後のビールの美味いこと。

ガラッ八:で、どんな感じのライヴなんで?

親分:こんな感じだな。



ガラッ八:ひゃぁ〜、ハードで激しいですね。

親分:それ同じこと言ってるから。

ガラッ八:ラウドでうるさいですね〜。

親分:だから同じだって。
  幸か不幸か地方では小さめのハコでやってくれるので、至近距離で体感できて臨場感たっぷり。
  去年観たライヴじゃなかったお給仕はほとんどMCなしで20曲突っ走ったが、今回は中ごろでスロー・ミディアムな曲を3曲並べて緩急をつける老練さも。
  ちなみにBAND-MAIDの代表的スロー・ミディアム・ナンバーと言えばこれだな。



ガラッ八:こ、これは良い曲でやんす〜。 ギターソロも泣かせますねえ。

親分:あと、長めのMCコーナーがあったり、岡山出身のMISA(ベーシスト)が桃太郎の扮装で登場してウケてたりした。



ガラッ八:・・・コミック・バンドですかい!

親分:ゴリゴリのハードロックをストイックに提供する男前バンドと思っていただけに、ちょっとびっくりしたよ。
  まあ、ライヴじゃなかったお給仕中にこういう「お遊び」をする余裕が出てきたんだな。

ガラッ八:ってことは演奏のほうもかなり良かったんで?

親分:すべてにおいて去年よりレベルアップしていたなあ。
  ヴォーカルも楽器隊も安定感抜群で、安心して爆音に身をゆだねられた。

ガラッ八:で、帰ってからも飽きずにBAND-MAID聴いてるわけですか。

親分:いま聴いてるのは2016年発表の8曲入りミニ・アルバム”Brand New MAID”
  8曲中7曲までが外部コンポーザーの作品だが、最後に収められた初めての自作曲"alone"が驚きの完成度。



ガラッ八:なんか暗いけど、不思議なパワーのある曲でやんすね。

親分:小鳩ミク(サイドギター&サブヴォーカル)の書く歌詞は、どうしようもない現実に抗ったり、世の理不尽にやり場のない怒りをぶつけるような硬派なものが多い。
  なお甘ったるいラヴ・ソングがほとんどないことは、BAND-MAIDの魅力のひとつだと俺は思う。

ガラッ八:歌詞ねえ・・・そのわりにYou Tubeのコメント欄がほとんど英語なんすけど、BAND-MAIDって日本のバンドですよね?

親分:なぜか海外のロック・ファンにバカ受けしてるみたいだな。
  とくに80年代ロックが身体に沁みついてて、最近のヒップホップとかEDMになじめない層にはドストライクらしい・・・って俺もそうなんだが。
  とにかくこれで自信をつけたのか次のファースト・フルアルバム"Let It Bring"(2017)ではいきなり13曲中11曲が自作曲になった。

ガラッ八:そりゃまた極端でやんすね。

親分:その自作曲がどれもハイレベルだったから、ご主人様・お嬢様(←ファンのこと)はみな驚いた。
  でも、このミニアルバムの外部コンポーザーの曲もいいぜ。
  とくに"FREEDOM"は、いまやライヴじゃなかったお給仕で必ず演奏される代表曲だ。

ガラッ八:・・・その、「ライヴじゃなかったお給仕」ってえの、相当うざいんですが。

親分:悪かったなっ! 

FREEDOM


ガラッ八:おおー、ノレるでやんすー! たしかにメロディがどこか80年代風ですねえ。

親分:アルバム冒頭を飾る"the non-fiction days"は疾走感バリバリの名曲だし、
  シンプルなリフを繰り返しながら重心の低いグルーヴを聴かせる"ORDER"は、オールド・スタイルの正統派ロックナンバー、
  これをメイド姿の女の子が完璧に演奏するんだから面白い。

the non-fiction days


ORDER(live)


ガラッ八:海外でも演奏してるんですね。

親分:なにしろBAND-MAIDの目標は「世界征服」だからな。
  バンドの頭脳・小鳩ミクは、目的に向かって日々暗躍策動跳梁跋扈しているらしい。

ガラッ八:ほほー、するってえと幼稚園バスを乗っ取ったり、水源地に毒を入れたり・・・。

親分:「ショッカー」かよ! 小鳩ミクはゲルショッカーかよ!
  BAND-MAIDの「世界征服」とは、世界中でライ・・・お給仕をすることらしいな。
  遠からず達成できるように片田舎から祈っているっぽ。

(2018.09.28.)


その他の「BAND-MAID」の記事
BAND-MAID/Daydreaming & Choose Me
BAND-MAID/Just Bring It
BAND-MAID/WORLD DOMINATION

「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ