ファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル/歌曲集&ピアノ曲集


Amazon.co.jp Fanny Mendelssohn: 歌曲集 Amazon.co.jp:Fanny Mendelssohnピアノ曲集
HMV : ファニー・メンデルスゾーン/歌曲集 icon HMV:ファニー・メンデルスゾーン/ピアノ曲集 icon



これは驚きです!

なんと、ナクソスから、「もうひとりのメンデルスゾーン」ことファニー・メンデルスゾーン=ヘンゼル(1805〜1847)の
歌曲集とピアノ曲集が立て続けにリリースされましたっ!!

おお、ついにファニー・メンデルスゾーンがメジャーになるときが来たのでしょうか!
大作曲家としてのし上がる日も近いのかっ!

よっしゃー、ファニー、天下とったれー!(←なんじゃそりゃ)


ファニーは生涯に約250曲の歌曲を残したと言われます(ちなみにフェリックスは約80曲)。
その魅力はなんといってもメロディの美しさ。
ピアノを得意としただけあって、ピアノ・パートも充実しています。

「六つの歌曲集 作品1」(1846)は、弟フェリックスの反対を押し切って、はじめて自分だけの名前で出版した作品集。
それまでに作曲した膨大な歌曲の中からよりすぐった自信作が集められています。

 ファニー・メンデルスゾーン:歌曲「朝のセレナード」作品1−5
 

突然の死の半年後に出版された「歌曲集 作品7」(1847)は、
1840年以降に作曲された作品が多く、円熟の境地を聴くことができます。

「五つの歌曲 作品10」は、ファニーの死後、弟フェリックスによって編まれたもの。
死の前日に作曲された最後の作品「山のよろこび Bergeslust」も収録されています。
その歌詞の最後の二行は、ファニーの墓碑に刻まれているといいます。

  
「思いと歌は   天上へと届く」
  Gedanken gehn und Lieder  bis in dos Himmelreich

 


ピアノ曲集もまた美しい作品ぞろい。
激しく疾走する1曲目「アレグロ・モルト ハ短調」から最後まで捨て曲なしです(捨て曲って・・・)

ファニーのピアノの腕前は、クララ・シューマンも感嘆したほどであり、恐らく当時の最高水準のテクニックを持っていたと思われます。
したがってどの曲もきわめて技巧的ですが、同時にめまいがするほど優雅で上品。

アルバムの白眉は、「ピアノ・ソナタ ト短調」(1843)
ファニーのピアノ曲の代表作とされています。 
4つの楽章は続けて演奏され、あえてソナタ形式の楽章はひとつもなく、自由にファンタジーを飛翔させます。
幻想的で叙情的、ドラマティックでピアニスティックな傑作です。

 ファニー・メンデルスゾーン:ピアノ・ソナタ ト短調より
 

(10.4.22.)


「ファニー・メンデルスゾーン」の記事
 メンデルスゾーン(ファニー)/ピアノ三重奏曲
 メンデルスゾーン(ファニー)の音楽
 メンデルスゾーン(ファニー)/三重奏曲(フルート版)
 メンデルスゾーン姉弟/弦楽四重奏曲集(エベーヌ四重奏団)
 メンデルスゾーン姉弟のピアノ三重奏曲全集




「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ