矢代秋雄/ピアノ協奏曲&交響曲
湯浅卓雄指揮、岡田博美独奏、アルスター交響楽団
(NAXOS 8.555351J)



Amazon.co.jp : 矢代秋雄:ピアノ協奏曲/交響曲

HMV : 矢代秋雄/ピアノ協奏曲、交響曲 icon

Tower@jp : 矢代秋雄: ピアノ協奏曲, 交響曲


日本人の手になるピアノ協奏曲の最高傑作(と私は信じている)
矢代秋雄「ピアノ協奏曲」が、ナクソス・レーベルから発売されました。
めでたいことです。
曲に関しては、以前「お気に入りの物置」に、長々と書いてしまいましたので (→ クリック
ここでは繰り返しませんが、ホントにいい曲ですよ〜。
西欧のクラシックの手法を完全にわがものにした上で、日本人にしか書けない音楽を作ってます。

さてこのCD、演奏もグッドです。
初演者・中村紘子さんの録音は(複数あります)どれも熱気にあふれた「濃い」演奏でしたが
この演奏は、もっとスマートにスタイリッシュにまとめています。
岡田博美の独奏は力のこもった素晴らしいもの。
ただ、バックをつとめるアルスター交響楽団はちょっとあっさりしすぎかも。
第2楽章の弦など、もっと粘っこく迫ってくれたほうが好みなんですが・・・
でも全体的には安心して聴ける良い演奏だと思います。

 矢代秋雄:ピアノ協奏曲
 

カップリングの「交響曲」は、緩・急・緩・急の4楽章からなる30分あまりの作品。
古典的で端整な音楽です。
第1楽章は幻想的なプレリュード。
そして第2楽章スケルツォ、この演奏はテンポが速い速い。
疾風のような怒涛の演奏で、これは聴きものです。
内省的な第3楽章は、ややとっつきにくい音楽ですが、
後半からの打楽器の使い方がなかなか面白いです。
第4楽章はソナタ形式のフィナーレ、これまでの楽章の素材を巧みに組み合わせ、
クライマックスにいたります。

 矢代秋雄:交響曲
 

このCD、私のイチオシです。ぜひ御一聴を。
(02.3.16.記)



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ