矢代秋雄/交響的作品&交響曲
(佐藤功太郎・指揮 東京都交響楽団 1992録音)



Tower : 矢代秋雄/交響的作品&交響曲


4月9日は、作曲家 矢代秋雄の命日(1929/9/10〜1976/4/9)。
私、矢代秋雄ファンのはしくれとして、これまでいろいろな曲をとりあげてきました。

 なのでおかげさまで、せっかくの命日に取り上げる曲がありません・・・だって寡作なんだもん。

と思ってたら、初期の傑作「交響的作品」があったじゃあーりましぇんかーマイケルシェンカー!
作曲者21歳、東京藝大専攻科時代の作品です。
大管弦楽のための単一楽章・32分の大曲で、自由なソナタ形式になっています。
「もう交響曲ってことでよくね?」と言いたくなりますが、作曲者の中では「このくらいではまだ交響曲とは名乗れんっ!」という思いがあったのでしょう(カッコイー)。
作曲の翌年(1951年3月)東京藝大管弦楽団による初演を終えた矢代秋雄は、さらなる研鑽を積むためパリ留学に旅立ちます(カッコイー)。



冒頭、ヴィオラがアダージョで提示する第一主題のしんみりした美しさ。そこはかとなく東洋的で、シルクロードの風景が脳裏に浮かびます。マーラーの9番もちょっと連想します。。
この主題は徐々に厚みを加えながら執拗に反復され(ボレロかよ)、「もうええわ!」と言いたくなったころ(4:44)チャイコフスキーの交響曲第4番を思わせるファンファーレが鳴り響き、砂漠の戦の雰囲気に。
このファンファーレ主題ものちに大活躍します。やがて第一主題が戻ってきます。
6:10、チェロに力強い第二主題が現れ、活発で戦闘的なフーガになります。
8:54からオーボエにピウ・レントでおだやかな第三主題が出ます。しっとりゆったり、オリエンタルな夜の雰囲気、優美なテクスチュアを聴かせます。
11:44から展開部にあたる部分。展開部は長大で、主題群はさまざまに組んずほぐれつ、荒れ狂ったり静まったり、執拗に展開されます。
若い作曲者が持てる技の限りを尽くしてる感じで、実に聴きごたえがあります。
26:00あたりからどんどんもりあがってゆき、26:20からクライマックス、小太鼓のリズムをバックにファンファーレ主題が奏でられるところは、まんまショスタコーヴィチです!
27:37から再現部に相当する部分、ファンファーレ主題にさえぎられつつ第一主題が再現します。
徐々に静まってゆき、フルートに第三主題が再現、この主題を静かに繰り返しながら、曲は遠くへ消えてゆきます。

21歳の若者の作品とは思えないほどの堂々たる交響作品であります。
そして矢代秋雄は5年間のパリ留学を終えて1956年帰国、1958年に満を侍して大傑作「交響曲」を送り出すのです!(カッコイー)

なお「交響曲」に関しては、こちらの記事をご参照ください →  矢代秋雄/ピアノ協奏曲&交響曲

(2020.04.09.)


関連記事
矢代秋雄/ピアノ協奏曲
矢代秋雄/ピアノ協奏曲(初演ライヴ)ほか
矢代秋雄/ピアノ協奏曲&交響曲(NAXOS)
矢代秋雄/チェロ協奏曲
矢代秋雄/ピアノ作品集
矢代秋雄/弦楽四重奏曲




「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

「整理戸棚 (索引)」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ