矢代秋雄/ピアノ作品集
赤井裕美(ピアノ)



Amazon.co.jp : 矢代秋雄:ピアノ作品集

HMV : 矢代秋雄/ピアノ作品集 icon

Tower@jp : 矢代秋雄: ピアノ作品集

<曲目>
ピアノのためのソナチネ(1945)
24のプレリュード(1945)
夜曲(1947)
荒武者の踊り(1949)
ピアノ・ソナタ(1961)
プレスト(1960)
子供のための小品より(1963〜1972)
桐朋学園・ピアノ初見曲(3曲)(1976)

矢代秋雄(1929〜1976)に、CD1枚分ものピアノ独奏曲があったとは!
喜び勇んで買ってみました。

「ソナチネ」「24のプレリュード」は、15歳のときの作品。
なんという こまっしゃくれたガキ 早熟な天才でしょう!
「ソナチネ」の楽譜の扉には、
ラヴェルのソナチネに似ているかもしれないが、作曲当時はラヴェルの曲は知らなかったので決して模倣したわけではない、
というフランス語による断り書きがあるそうです。
なんという こまっしゃくれたガキ 教養あふれる秀才でしょう!
1945年の日本に、こんな少年が存在していたとは・・・。

曲のほうも、15歳の少年の作品とは思えない完成度です。
「ソナチネ」第3楽章の日本的情緒にあふれたプレスト・スケルツァンドの印象的なこと。
「プレリュード第24番」の無窮動的トッカータは、ドビュッシーの作品といわれたなら、私なら信じます。

 矢代秋雄:24の前奏曲
 

優雅で夢見るような「夜曲」、伊福部昭かと思う「荒武者の踊り」をへて、名曲「ピアノ・ソナタ」へ。
矢代の作品中もっとも前衛的な曲で、聴けば聴くほどに味わいが深まりますが、1回や2回聴いたくらいではわかりません。
でも20回くらい続けて聴くと、頭が痛くなります(←あたりまえじゃ)
やや難解ですが良い曲なので、20回とは言いませんがためしに聴いていただきたいもの。
一部に12音技法を使用したストイックなソナタ形式の第1楽章
カンディンスキーの絵のように音が跳ね回る第2楽章トッカータ
レントの主題が自由に変奏されるうちに圧倒的なクライマックスに至る第3楽章
緊張感に満ちたすばらしい音楽だと思います。

  矢代秋雄:ピアノ・ソナタ・第3楽章(このCDの演奏ではありません)
 

次の「プレスト」は、「ピアノ・ソナタ」第3楽章後半部の初稿です。
じつは「ピアノ・ソナタ」第3楽章は初演後に大幅に改訂されていまして、
ここでは改訂前の初稿が聴けるのです。もちろん初録音。
激しく盛り上がるクライマックスは、決定稿より派手&華麗な気も。
このヴァージョンのどこが気に入らなかったのか・・・どちらも素晴らしいじゃないですか。

あとは小品ですが、最後に収められた桐朋学園のためのピアノ初見曲(3曲)というのが面白い。
3曲とも亡くなる2ヶ月ほど前に作られたとのことで、事実上最後の作品になるのかな。
試験のために作られたそうです。 
こんなムツカシイ曲を初見で弾かされるのですねえ・・・学生は緊張しただろうなあ。
少なくとも2曲目と3曲目は、ピアノ曲として充分鑑賞に堪える名品だと思いました。

(08.2.3.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ