ラモー/クラヴサン曲全集(Chandos)
(ソフィー・イェーツ:クラヴサン)

Amazon.co.jp : Rameau: Pieces de clavecin Vol.1
Amazon.co.jp : Rameau: Pieces de clavecin, Vol.2

ジャン・フィリップ・ラモー(1683〜1764)は、中島らもの御先祖として有名ですが(嘘です)
実は18世紀フランスで活躍した作曲家&音楽学者です。

フランスのクラヴサン(チェンバロ)曲としては、フランソワ・クープラン(1668〜1733)が有名ですが、
あまりにもお上品というか、洗練されすぎているように思えて、私はちょっと敬遠。
似たような曲が続くうえ、量も多すぎます(CD10枚分以上)。 (クープラン・ファンの方には申し訳ないですが)

そこへいくとラモーのクラヴサン曲は、CD2枚分と、適度なヴォリューム。
クープランに比べると、ダイナミックで表現の幅が広く、曲調も変化に富んでいて、退屈しません。

さて、チェンバロ奏者ソフィー・イェーツのCDでいつも思うのは、響きの素晴らしさ。
深みのあるアコースティックな音は、他のチェンバリストのCDとは一味違うように思えます。
サウンド・エンジニアは初期から一貫してGaly Coleという人が担当しています。 この人が腕利きなのかな?
もちろん、感性豊かで、かつ力強いイェーツの演奏あってこそですが。

愛らしさの中に哀愁ただよう「鳥のさえずり(Le rappel des oiseaux)」(Vol.1 トラック15)
リズミックでエネルギッシュな「タンブーラン」(Vol.1 トラック19)
陽気で華やかなロンド「ソローニュの愚か者(Les niais de Sologne)(Vol.1 トラック22)
鍵盤上を縦横無尽に駆け巡る、ノリノリの1曲「サイクロプス」(Vol.1 トラック28)
「おほほほほほ!」という高笑いが聞こえそうな「勝ちほこる女(La Triomphante)」(Vol.2 トラック6)
「コ・コ・コ・コ・コ」という出だしがそのまんまやないかの「めんどり(La Poule)」(Vol.2 トラック11)
繊細でちょっとセンチメンタルな「エジプトの女(L'Egyptienne)」(Vol.2 トラック15) などが、私のお気に入りです。

 ラモー/サイクロプス(このCDの演奏ではありません)
 

 ラモー/エジプトの女(このCDの演奏ではありません)
 

ラモーは、23歳でパリに出て「クラヴサン曲集・第1巻」(1706)を出版したものの、さっぱり売れず、
しょんぽり田舎に帰ってオルガニストで食ってたのですが、あきらめきれず再びパリに出て「第2組曲」を出版(1724)。
これもそれほど売れなかったけれど、コツコツ地道にがんばって、
1733年・51歳の時、オペラ「イッポリトとアリシー」でブレイク、その後オペラが立て続けにヒット、
63歳でルイ15世の宮廷作曲家に任命され、最後は貴族に列せられました。
成功を求めて都会に出てくる若者は、昔も今も変わりませんね。 夢をかなえた大器晩成のラモー、偉いなあ。

(05.12.16.)


Sophie Yates

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ