バッハ/無伴奏チェロ組曲 
(アンナー・ビルスマ 1979&1992年録音)

Amazon : バッハ:無伴奏チェロ組曲(1979)

HMV : Bach Cello Suites (1979) icon

Tower : バッハ:無伴奏チェロ組曲
Amazon : バッハ:無伴奏チェロ組曲(1992)

HMV ; Bach Cello Suites (1992) icon

Tower : バッハ:無伴奏チェロ組曲


You Tube : バッハ/無伴奏チェロ組曲第1番・プレリュード(CDとは別の演奏です)


世界はそれを暴挙と呼ぶんだぜ


先日、チェロのレッスンのあとで先生が、軽〜い口調で

「そろそろバッハの無伴奏でもやってみますか」

しえーっ! チェロをいじり始めて一年数か月の私ごときがですか?!」

「まあ、1番だったらなんとかなると思いますよ」

「もったいのうございます、恐れ多うございます・・・」

「楽譜はベーレンライター版 を使いましょう」

「か、かたじけのうござります・・・、ありがとうごじゃいます!!」


というわけで、先日から「チェロの聖典」・バッハの無伴奏チェロ組曲を練習しております。
のび太マイク・タイソンに挑戦するような、
富士山頂を目指すような暴挙に思えてなりませんが、
玉砕覚悟でがんばってみたいと思います。

今日で5日目ですが、まだ最初の4小節がまともに弾けません…(涙)。


さて、バロック・チェロの名手・アンナー・ビルスマは、この曲を二度録音しています。
一回目の1979年録音は、素朴な音色が温かく優しい、いわば「素顔のバッハ」
余分な表情付けを排した、「歌うというより語る」ようなバッハで、地味ながら聴くほどに味わいがあります。

二度目の1992年録音は、緩急・強弱たっぷりつけたスケール豊かな演奏。
ロマンティックな表現があちこちに聴かれ、起伏もゆたかです。
速い楽章はノリノリで、遅い楽章はたっぷり歌った、芳醇でフトコロの深いバッハです。


どちらも素晴らしい録音、恐れ多くてお手本になんてできません。
蚊トンボジャンボジェットに憧れるようなもの、
「いいなあ〜」と、ため息つきながら聴いてます。

さて、私も練習しよう。
・・・わ、また間違えた!

(11.2.19.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ