アルビノーニ/ADAGIOS
(クラウディオ・シモーネ指揮 イ・ソリスティ・ヴェネティ)
(1996)



Amazon : Albinoni: Adagios


イタリア・バロックの作曲家、トマゾ・アルビノーニ(1671〜1751)のもっとも有名な曲は、「弦とオルガンのためのアダージョ」



しかしこの曲は20世紀の音楽学者ジャゾットによる偽作でありまして、アルビノーニの作品ではありません。
そのあたりの事情については、「こちらの記事」をお読みください。

にもかかわらずいまだにアルビノーニといえば「弦とオルガンのためのアダージョ」なんですよね。
「代表作が自分の作品ではない」という悲哀と皮肉をあの世でかみしめているであろうアルビノーニ、その霊を慰めるべく企画されたのがこのCDです(←嘘)。
アルビノーニの曲の緩徐楽章を20曲以上集めました。

といっても新たに録音したわけではありません。
1970年代にクラウディオ・シモーネ率いるイ・ソリスティ・ヴェネティが録音した音源を適当に並べたお手軽なコンピレーションであり、
1990年代の「アダージョ・ブーム」に便乗した一枚であります。
最近中古で入手し、あまり期待せずに聴きはじめたのですが・・・。

(作品9−6 第2楽章)

(作品9−2 第2楽章)

 ・・・滅茶苦茶ええやん!

アルビノーニってどこか上品で、キャッチーさはない代わりに飽きがこないというか、オトナっぽい落ち着きがある気がします。
美しくも艶のある音色で奏でられる息の長いメロディに、抒情的な気分が静かに盛り上がります。

(作品10−5 第2楽章)

イ・ソリスティ・ヴェネティの演奏は力みも誇張もなく、美しい歌をしっとりと真摯に歌います。
イ・ムジチにくらべて表面的でムード音楽みたいと言われるイ・ソリスティ・ヴェネティですが、飄々とした表情で美音をつむいでゆくアプローチは、
思い入れの強い演奏とは異なるライトな心地よさがあります。
そしてピエール・ピエルロのオーボエの音色の艶っぽいこと!

(作品9−3 第2楽章)

じつはシモーネ/イ・ソリスティ・ヴェネティによるアルビノーニのCDは結構持ってるんですが、アダージョ楽章だけを集めるとまた違った魅力があります。
作品の脂っ気のなさが、余計に浮世離れした純度を高めていると言えるかもしれません。
洗練された身のこなしで魅せるアルビノーニ、マタタビ的な心地良さに陶酔してしまいます。

(作品9−5 第2楽章)

安易な企画のように見えて(いや実際安易な企画ですが)、聴いてみるととても素敵なアルバムでした。
アルビノーニも草葉の陰で喜んでいるのではないでしょうか。
とはいえアルバム冒頭にはしっかり「弦とオルガンのためのアダージョ」が収録されているのですが。

(2020.08.01.)


その他の「アルビノーニ」の記事
アルビノーニ/トリオ・ソナタ集作品1
アルビノーニ/教会ソナタ集 作品4
アルビノーニ/室内での和声の楽しみ 作品6
アルビノーニ/協奏曲集 作品9
アルビノーニのアダージョ(3大・なんちゃってバロック名曲)


その他の「イ・ソリスティ・ヴェネティ」の記事
ヴィヴァルディ/調和の霊感 作品3(シモーネ/イ・ソリスティ・ヴェネティ)
イタリア・オーボエ協奏曲集(ピエール・ピエルロ独奏)


「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

「整理戸棚 (索引)」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ