アルビノーニ/教会ソナタ集 作品4
(アド・コルダ)




Amazon.co.jp : Sonate Da Chiesa

HMV : Albinoni/Sonate da Chiesa

Yower@jp : Albinoni: 6 Sonate da Chiesa Op.4


ヴィヴァルディと同時代、同じ町ヴェネツィアで活躍した作曲家・トマゾ・アルビノーニ(1671〜1751)のトリビア。


  なんと、アルビノーニには「作品4」がふたつあります!


 ・・・場内、シーン・・・


 ・・・えーと、みなさん、・・・興味ないですよねえ、やっぱし。



めげずに話を続けますと、
もともとアルビノーニの「作品4」は「カンタータ集」つまり「歌もの」で、
1702年にヴェネツィアの出版社から出版されました。

 アルビノーニ:カンタータ集 作品4より第11番
 

しかし1711年に、オランダの出版社がアルビノーニの作品を出版するときに、

 「イタリア語のカンタータねえ・・・、オランダやドイツでは売れないんだよね」

ということになり、作品4は「教会ソナタ集」に差し替えられたのです。

 アルビノーニ :教会ソナタ集 Op.4 No.6より
 

この「ソナタ集」はよく売れて、イギリスなど他国でも出版され、広く愛好されました。
オランダの出版社の目は確かでした。
しかし著作権という概念がなかった当時、アルビノーニの懐がどれだけうるおったかは疑問です。


同時代に同じヴェネツィアで活躍したヴィヴァルディにくらべ、
哀しいくらい録音に恵まれないアルビノーニですが(「アルビノーニのアダージョ」はアルビノーニの作品ではありません)
このたび「教会ソナタ集 作品4」の新録音が、ブリリアント・クラシックスから出ました!
これを機にアルビノーニがもっと聴かれるようになるといいなあ。

なお「教会ソナタ」は、べつに宗教的な音楽ではありません。
緩・急・緩・急 の4楽章からなるバロック・ソナタをこう呼びます。

まあなんというか大変に趣味の良い演奏です。
ヴァイオリンの艶やかな歌を、チェロ、テオルボ、リュート、ハープシコード、オルガンの通奏低音が優しく包み、
「天使の音楽」と呼びたくなる上品な響きを作り上げます。

ニ短調、ホ短調、ヘ長調、ト短調、ト短調、ロ短調 と、6曲のうち5曲が短調なのですが
暗さはなく、むしろ「幸福な哀愁」みたいなものが漂ってきます。
この洗練された優雅さコレルリ「ソナタ集 作品5」にも引けをとっていないのではないでしょうか。

ブリリアント・クラシックスなので、驚きの低価格。

 「アルビノーニだかクラリーノだか知らないけどべつに興味ないです」

という方も、ためしに聴いてみて損はないんじゃないかと。

(11.9.24.)


その他の「アルビノーニ」の記事
アルビノーニ/トリオ・ソナタ集作品1
アルビノーニ/室内での和声の楽しみ 作品6
アルビノーニ/協奏曲集 作品9
アルビノーニのアダージョ(3大・なんちゃってバロック名曲)




「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ