アルビノーニ/協奏曲集 作品9



シモーネ/イ・ソリスティ・ヴェネティ盤

Amazon.co.jp : Albinoni: 12 Concertos, Op. 9

Amazon.co.jp : アルビノーニ:作品9名曲集

HMV : アルビノーニ:作品9 名曲集 icon


トマゾ・アルビノーニ Tomaso Albinoni(1671〜1751) は、
「四季」で有名なヴィヴァルディとほぼ同じ時代に、同じ街ヴェネツィアで活躍した作曲家です。
アルビノーニの人物については、以前トリオ・ソナタ 作品1をご紹介したときに書かせていただきました。

そんな彼の作品の中で、私が一番好きなのが、五声の協奏曲集 作品9
当時の慣習どおり、12曲の協奏曲が収められていて、
ヴィヴァルディの最良の作品と比べても引けを取らない、すばらしい曲ぞろいです。

アルビノーニの音楽の特徴は、伸びやかで、くったくがないこと、でしょうか。
ヴィヴァルディが、オクターヴ跳躍や、同音反復、強弱のコントラストの強調により
聴くものの耳をいっぺんでとらえてしまうのに対して、
アルビノーニは品の良いメロディと柔和な響きで、一度聴いただけでは印象に残りにくいですが、聴けば聴くほどに心にしみこんできます。
いかにも育ちの良い人が作った音楽という感じがします。
 (いや、べつにヴィヴァルディが下品だとか育ちが悪いとかいうわけでは・・・)

独奏楽器は、1,4,7,10番がヴァイオリン・ソロ、2,5,8,11番がオーボエ・ソロ、
3,6,9,12番が2本のオーボエと、規則的に並べられています (几帳面)。
全体的に、ヴァイオリン協奏曲よりも、オーボエ協奏曲のほうが良いな〜と、個人的には思います。
第2番ニ短調と、第8番ト短調のオーボエ協奏曲が特にお気に入り。

 アルビノーニ/協奏曲 作品9の2 第1楽章
 

 アルビノーニ/協奏曲 作品9の8 第1&2楽章
 

CDですが、一番好きなのが、シモーネ/イ・ソリスティ・ヴェネティ盤(エラート)
弦の音に甘い艶があっていい気持ち。 テンポの速い運びも好みです。
ピエール・ピエルロのオーボエは、明るい音色で「元気があってよろしいっ!」と言いたくなります(でもちょっと一本調子? いや、いいんです、いいんです)。

イ・ムジチ盤(フィリップス)は、暖かみのある、ふくよか&おだやかな演奏。 オーボエのホリガーも陰影豊かですが、
いくつかのアレグロ楽章で、もう少しテンポ速くしてくれよ〜、と思っちゃうんですね。

ホグウッド/AAM盤(デッカ)は、今のところ唯一の古楽器による全曲盤です。
マンゼをはじめ腕利きのプレイヤーをそろえた、速いテンポのさわやかな演奏です。
「速ければええんかい!」 と言われそうですが、やっぱりアレグロはアレグロらしく演奏してほしい私です)
バロック・オーボエのちょっと乾いてくすんだ音が、好みの分かれるところか。 私は慣れました。
 

(02.12.9.記)

その他の「アルビノーニ」の記事
アルビノーニ/トリオ・ソナタ集作品1
アルビノーニ/教会ソナタ集 作品4
アルビノーニ/室内での和声の楽しみ 作品6
アルビノーニのアダージョ(3大・なんちゃってバロック名曲)




「お気に入り音楽箱(クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ