ヴィヴァルディ/「四季」&ヴァイオリン協奏曲集(3枚組)
ジュリアーノ・カルミニョーラ(vn)/ソナトリ・ラ・ジョイオーサ・マルカ
(ブリリアント・クラシックス)



Amazon.co.jp : Vivaldi: Concertos


<曲目>

CD1:『四季』

『四季』
3つのヴァイオリンのための協奏曲へ長調 RV.551
協奏曲ニ短調 RV.128

CD2:『人間的情熱』
 ホ短調 RV.277『お気に入り』
 ニ長調 RV.234『不安』
 ハ短調 RV.199『疑い』
 ホ長調 RV.271『恋人』
 ハ長調 RV.180『喜び』
 ト短調 RV.153『変わり者』(弦楽合奏用)

CD3:『祝祭日のための協奏曲集』
 ニ長調 RV.212『パドヴァの聖アントニウスの聖なる舌の祝日のために』
 ホ長調 RV.270『安らぎ:聖なるクリスマスのために』
 ヘ長調 RV.286『聖ロレンツォの祝日のために』
 ニ長調 RV.582『聖母被昇天のために』
 ハ長調 RV.581『聖母被昇天のために』
 ニ長調 RV.208『LDBV』


超カッチョよくてスマートなヴィヴァルディが3枚組でこのお値段ですよ奥さん!!


バロック・ヴァイオリンの第一人者・ジュリアーノ・カルミニョーラ、バカうまです。
バカうまですが、ただ上手いだけではなく、「イロケ」「粋」「洗練」といったものが、
きらきら輝きながらほとばしり出てきます。
音が生きています。 楽しそうに歌ってます。

CD1:『四季』
「四季」を馬鹿にしてはいけないのです。
少しクラシックを聴き込むと、「四季なんて、いまさら恥ずかしくて聴けるかよ」って気になったりするのですが、
いけませんいけません、やはりこれはすごい曲です。
編成を大きくしても小さくしても、アレンジを変えても、独奏楽器を変えても、アドリブを入れても「四季」「四季」
なんというフトコロの深い作品でしょう。
「運命」「英雄ポロネーズ」では、これほど多様なアプローチは試せないのであります。
さてカルミニョーラは、テンポの振り幅は大きいものの、勝手な装飾音やアドリブはほとんど加えてません。
きわめて楽譜に忠実な演奏であります。 
しかし、退屈なところは微塵もありません。
なんというスリリングで躍動感あふれる演奏。
速い楽章は鮮烈に、あるいは軽やかに駆け抜け、遅い楽章は優雅にたっぷりと歌います。
「四季」のひとつの理想型ともいうべき名演奏ではないでしょうか。

 「四季」より「夏」第3楽章(カルミニョーラ独奏)
 
 
CD2:『人間的情熱』
人間の感情をあらわすタイトルがついた曲が集められてます。
ただし、タイトルにこだわる必要はなさそう。
1曲目にしてから、この堂々とした重々しい曲がなぜに「お気に入り」
むしろ「荘厳」とか「厳粛」とか「偉そう」が似合うと思うがなあ、などと考えているうちに終わってしまいます。
 

2曲目の「不安」も、私には「期待にワクワク」って感じに聴こえてしまうのですが。
私の感性がねじくれているのだろーか。。。
まあそれはそれとして、曲・演奏ともに、これまた素晴らしい切れ味。
サワヤカな感じの曲が多いです。

CD3:『祝祭日のための協奏曲集』
宗教的で敬虔な雰囲気の曲が多いのかと思いきや、むしろ「祭りだワッショイ」風のノリでございました。
1曲目『パドヴァの聖アントニウスの聖なる舌の祝日のために』では独奏ヴァイオリンは長大なカデンツァを弾きまくり、
縦横無尽の大活躍。 あまりの凄さに茫然です。
しかし、「舌の祝日」ってなんのこっちゃ、と調べてみますと、
聖アントニウスは非常に優れた説教家、要するにしゃべりが最高に上手くて、
死後も舌だけが生きて動いていたという言い伝えがあるそうです(不気味なんですけど。。。)
そう言われると、カデンツァ部分が古館伊知郎風マシンガン・トークに聴こえてくるから面白い(面白いか?)
2曲目は「クリスマス協奏曲」で、パストラーレ風の優しい雰囲気。 
全編これ「安らぎ」の音楽で、気持ちよいです。
この曲だけ、ちょっと毛色が違うものの、他はヴァイオリンの技巧が炸裂するハデハデで華やかな曲が多く、
理屈抜きで楽しめます。
とくに最後の曲『LDBV』では、華麗なカデンツァが、これでもかとばかりに、たっぷり演奏されます。
パガニーニの曲かと思ってしまうほど。 凄い凄い。

(06.12.24.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ