ショスタコーヴィチ/交響曲第6番(1939)



ショスタコーヴィチ : 交響曲 第6番&第10番



ソ連(今はロシア)の作曲家・ショスタコーヴィチ(1906〜1975)の15曲の交響曲で、とくに好きなのは第6番(え、変ですか?)。
一般的には第5番(革命)とか第7番(レニングラード)が人気ですが、この第6番も捨てたものではありません。
全3楽章で長さは手ごろ(30分あまり)、洒落たメロディをふんだんに投入し、
叙情的味わいにも迫力にも不足せず、おまけにオーケストラの超絶技巧を楽しめるという、まさに一粒で何度も美味しい名曲なのです。

ただし、まずは第2楽章・アレグロから聴いてください。

クラリネットに現れるクネクネしたテーマが、しだいに他の楽器を巻き込んでゆきます。
めまぐるしいほどにたくさんのメロディが現れては消え、かろやかにたわむれたり、笑ったり、怒ったり、踊り狂ったり。
これはアタマで聴く音楽じゃありません、耳で受け止めた音に肉体を共振させ、響きの中に自我を埋没させる快楽を味わう曲。
演奏にはきわめて高度なアンサンブル能力が要求されます。

 

つづく第3楽章・プレスト
ロッシーニの「ウィリアム・テル序曲」を思わせる開始主題でアレッと思わせ、
たくさんの主題要素を贅沢にぶちまけ、華やかに、にぎやかに繰り広げられる乱痴気騒ぎ。
ふいにすっとぼけたメロディをセンスよく挿入して力を抜くかとおもえば、ふたたび煽り立てるがごとくにテンションを高め、
最後はいかがわしいカーニバル然としたブカブカドンドン、打ち上げ花火のような闊達壮大な盛り上がりで大団円に。
唖然とするほどの名作傑作マスターピース、これまたオーケストラには、すんごい高い技術が必要です。

 

さて、問題は第1楽章・ラルゴ。 
十数分におよぶ、のったり〜・ぬっぺり〜とした、つかみどころのない音楽。
正直に最初から聴き、第2楽章に到達できずに遭難するリスナー、数知れずといわれています。
でもこの楽章、抒情的で繊細な響き、冴え冴えと澄み切った味わいがたまらないのです。

冒頭、ヴィオラとチェロにでるいかめしい主題は、「厳しい冬」を思わせます。
ヴァイオリンとフルートが高音で切り込んでくるのは、冷たくも鋭い太陽の光か。
これが数分にわたり重々しく展開されたのち、弦のトレモロの上で金管楽器のファンファーレとして再現されたら第一部終了。

つぎにイングリッシュ・ホルンに寂しげな主題が出るところから長い中間部(6分16秒)
やがて、フルートによる小鳥の歌が聴こえてきて、かすかに「春の訪れ」を予感させます(7分08秒)
弦が加わり大きく盛り上がった後、クラリネットのソロに続いて(9分03秒)、2本のフルートが歌い交わすように中間部主題を展開します(10分20秒)。
このあたり鳥たちが冬眠から目覚める光景を想像します。

最後に冒頭の主題がなにげなく戻ってきますが(13分40秒)、最初のような厳しさはなく、楽章は春の光が差し込んでくるように閉じられます。
中間部が異常に長い(または第三部が異常に短い)三部形式といえます。

 

続く第2楽章は「春らんまん」、第3楽章は「春の祭り(祭典?)」の気分で聴くと、今の季節にじつにぴったりの曲ですねえ(ホントかー?)。

CDは、第2&3楽章が高速で演奏されている、
ムラヴィンスキー/レニングラード・フィルの1972年ライヴ(メロディア)が、お気に入りです。
二つの楽章を、合計12分19秒で走り抜けます。 これがライヴなんだからすごい。 スリリングです。
ただし残念ながら、今現在入手困難かもです。

もっとも売れているショスタコーヴィチの交響曲全集、バルシャイ盤(ブリリアント)も、たいへん見事。
第2&3楽章の合計タイムは12分48秒で、かなりの高速演奏、とくに木管楽器群のテクがすごいです。 
ひとことで言えば「カッコイー!」。
入手しやすさを考えると、現在のところこれがベスト・チョイスでしょう(全集ではありますが、10枚組4500円ほど)。

異彩を放っているのが、ロジェストヴィンスキー/ソビエト文化省オケ(オリンピア)。
金管と打楽器が異常に強力、凶暴・凶悪な雰囲気がじつにすばらしい。
にぎやかなパレードを後方から重戦車が監視しているような印象。
タイミングは第2&3楽章で13分52秒と普通ですが、この迫力は普通じゃない。
(これも入手困難?)

ハイティンク/ロンドン・フィルの全集(デッカ)は世評高いですが、この曲に関しては、どうにも平板な印象。 もうひとひねり欲しかったなあ。 
きちんとした演奏で、別にどこが悪いというのではないのですが・・・とにかく平板。
第2&3楽章で13分26秒と、ロジェヴェンより速いのですが、なんだかもたもたして聴こえます。

ウラ名演というか、ややトンデモなのがバーンスタイン/ウィーン・フィル (ドイツ・グラモフォン)。
2&3楽章の演奏時間が15分25秒! 異常な遅さです。
とくに第2楽章はハエが止まりそうなほどの超スロー演奏。
そしてウィーン・フィルはあくまで流麗かつ典雅。 不思議な味わいです。
こわいもの聴きたさでどうぞ。

(04.3.7.記)




「お気に入り音楽箱(クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ