Laura Young Plays Max reger
(ギターによるレーガー無伴奏作品)

(ローラ・ヤング:編曲&ギター独奏 2015録音)



Amazon.co.jp : Laura Young Plays Max Reger

Tower@jp : Laura Young Plays Max Reger

<曲目>
(1)無伴奏ヴァイオリンのための前奏曲とフーガ ホ短調 作品117-3
(2)無伴奏ヴァイオリン・ソナタ第1番 ニ短調 作品42-1
(3)無伴奏ヴァイオリンのための前奏曲とフーガ ト長調 作品131a-3
(4)無伴奏チェロ組曲 第3番 イ短調 作品131c-3
(5)無伴奏チェロ組曲 第1番 ト長調 作品131c-1

ギター編曲・独奏:ローラ・ヤング


試聴サイトへのリンク


今年2016年は、ドイツの作曲家マックス・レーガー(Max Reger 1873〜1916)没後100年のアニヴァーサリー。
それを記念してか、レーガーの弦楽器のための無伴奏作品をギターで弾いたアルバムが出ました。
バッハの無伴奏チェロ組曲などをギターリュートで弾いたアルバムはときどき見かけますが、レーガーは私の知る限り初めて。

さて重厚長大で脂肪過多な音楽(と体格)で知られるレーガーですが、じつは無伴奏弦楽器作品もたくさん書いています。

 4つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 作品42
 7つの無伴奏ヴァイオリン・ソナタ 作品91
 無伴奏ヴァイオリンのための8つの前奏曲とフーガとシャコンヌ 作品117
 無伴奏ヴァイオリンのための6つの前奏曲とフーガ 作品131a
 2つのヴァイオリンのための3つのカノンとフーガ 作品131b

 3つの無伴奏チェロ組曲 作品131c
 3つの無伴奏ヴィオラ組曲 作品131d


これだけ書いたのならギターのための作品も書いとけばよかったのに・・・と思わずにいられません。
さて、ギターで聴くレーガー、どんなもんでしょう。


 ・・・・・・さ、爽やかですっ! お洒落ですっ!


まさかレーガー聴いて「爽やか」「お洒落」なんて言葉が出てくるとは思いませんでした。
冷たくてさっぱりした鍋焼きうどん、歯ごたえたっぷりのお粥に出会ったような衝撃です。
意外なことにギター作品として自然に楽しめます、とっても風通しが良くなって、洗練された雰囲気に、空いた耳がふさがりません(←それが普通)。
原曲からの変貌ぶりはバッハ以上、作曲者を伏せて聴かせたら、かなりクラシックに詳しい人でもレーガーとはわからないのでは。
しかも弾いてるのは綺麗なお姉さんギタリストですから、マックス・レーガーとの組み合わせはまさに「美女と野獣」。
ギターで弾いてもイケるなんて・・・レーガーの思いもよらない面を見せてもらいました。
これから徐々に、ギタリストのレパートリーとなっていってほしいです。

こうなると、イザイの無伴奏ヴァイオリン・ソナタも誰かギターで弾いてくれませんかねえ・・・さすがに無理か。

(2016.04.23.)


「マックス・レーガー」の記事
 レーガー/無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&無伴奏ヴィオラ組曲
 レーガー/3つの無伴奏チェロ組曲
 庄司紗矢香/バッハ&レーガー


Max Reger


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ