バッハ・オン・ザ・リュート Bach on the Lute(4枚組)
(ナイジェル・ノース Nigel North:リュート LINN 1993〜1996録音)



Amazon.co.jp : Bach on the Lute

Tower@jp : Bach on the Lute


今日は日曜日、バッハ/無伴奏チェロ組曲第5番・プレリュードを、集中的に練習するぞ!

こないだ読んだ千住真理子の本に書いてあったとおり、いちばん難しい箇所を繰り返し繰り返し練習。
じつに弾きにくいパッセージで、音程は狂うわ、リズムは乱れるわ、音は濁るわなのですが、
めげてはいけない、くじけるんじゃない、頑張れ自分と必死に練習していると・・・・・・。


 ニョウボが怒鳴り込んできました。


 「あーうるさい! イライラする! 受験生いるんだからいい加減にしなさいっ!!」

 「ご、ごめんなさ〜い」

はあ、ほとぼりさめるまでしばらく弾けないな、チェロ。
防音室ほしいよう・・・。


怖いので今日はもうチェロは弾けません&聴けません。
バッハ「無伴奏ヴァイオリン・ソナタ&パルティータ」「無伴奏チェロ組曲」をリュートで弾いた4枚組セットでも聴きましょう(←バッハから離れられんのか)。

 バッハ・オン・ザ・リュート (ナイジェル・ノース独奏)

リュートはギターの祖先と言われる楽器。
11弦のものと13弦のものが主流です、多いですね〜。
私なんか4本の弦でも持て余してます。

そういえば以前、バッハ「無伴奏チェロ組曲」ギターで弾いたCDをご紹介したことがあります。
とてもさわやかで軽妙な演奏で、チェロとはまた違った魅力がありました。

さて、リュートだとどのように聴こえるでしょうか?

 パルティータ BWV1006(リュート版)(このCDの演奏ではありません)
 

 ・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・

 えー、私にはギターと全然区別つきませんっ!

とにかく爽やかで涼しげ、ヴァイオリンのキンキンした感じはないし、チェロの重たくて暑苦しい響きもありません。
優雅でリラックスした気分になれます(弾くほうは大変なのかも知れませんが)。
ニョウボに怒られて跳ね上がった心拍数も落ち着いていきます(←気が小さい)。

リュートのことはよくわかりませんが、ナイジェル・ノースの演奏は、たぶんサイコーに素晴らしいです。
柔かくたおやかな音、穏やかでデリケートなニュアンス、芯のある表現力。
非常に魅力的な音楽であり、いつまでも聴いていたくなります。

録音も素晴らしいです、残響多めの深くアコースティックな響き、さすがはLINN
バッハの無伴奏聴いてリラックスしたいなら原曲よりもリュート版ですね絶対。

(2015.01.25.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ