ハイドン/交響曲第53番ニ長調「帝国」




Amazon.co.jp : Haydn Symphonies, Vol. 11: 53, 86 & 87

どーいうわけか、ハイドンの交響曲第53番「帝国」が異常に大好きなのです。

フランツ・ヨーゼフ・ハイドン(1732〜1809)は、「交響曲の父」として有名で、
生涯に104曲もの交響曲を残しました。
あまりにも数が多すぎるためか、「ザロモン・セット」と呼ばれる第93〜104番の12曲以外は
かなりのクラシック・ファンでも聴いたことがないのでは?

さて、この第53番ニ長調「帝国」、じつは作曲者の生前から大変人気があった曲で、
あちこちで何度も演奏されたのですが、それがかえって仇になってしまったかも。
数種類の異版が存在し、どれが正しい楽譜か、やや混乱状態なのです。
とくに第4楽章は、3種類も存在し、それぞれまったく違う曲、という妙なことに。

しかし、作品としては、晩年の「ザロモン・セット」の12曲に勝るとも劣らないほど素晴らしい曲ですから、とにかく強力におすすめいたす次第。

第一楽章、重々しいラルゴ・マエストーソの序奏に続いて、
ヴィヴァーチェの主部、ホルンとチェロに提示される第一主題は、
単純な分散和音(ドー・ミ・ソ・ミ・ド・ミ・ソ・ミ・ド・ミ・ソ・ミ・ド)ですが、雄大で、「王の主題」の雰囲気。
輝かしい経過部を経て現れる第2主題は優雅かつ高貴で、これは「王妃」でしょうか。
展開部は短調に転じ、曲は俄然、緊張感をまします(おお、帝国の危機か!?)
しかしまたニ長調に戻り、力強い再現部へ。ここでは、第一主題が大胆にカットされているのがかっこいいです。
構成的にも、水も漏らさぬ見事なソナタ楽章。

 

第二楽章アンダンテは、行進曲風の主題による変奏曲。
ハイドンが第二楽章に好んで使用した形式ですが、思わず口ずさみたくなる主題の親しみやすさがチャーミング。

 

第三楽章は、壮麗なメヌエット。
そして問題の第四楽章、ヴァージョンA(カプリチオ)か、
ヴァージョンB(プレスト)が演奏されることが多いようです(ヴァージョンCは、偽作といわれています)。
どちらも豪華でにぎやかな音楽です。

 第3&4楽章
 

全体として、いかにも古典派、という感じの堂々たる、輝かしい、立派な交響曲です。

さて「53番フリーク」として、私は現在、この曲のCDを8種類所有しています。
その中で、演奏、入手しやすさ、価格を考えると、いちばんのおすすめは,ナクソスドラホシュ盤(8.550768) でしょうか(上の写真)。
フル・オーケストラの響きがちょっと重すぎる気もしますが、まずは堅実な演奏。
また、ブリリアント・クラシックスから02年の3月に出た、アダム・フィッシャー指揮のハイドン交響曲全集の演奏も、とても良いです。
オリジナル楽器のスタイルも取り入れて、軽い、さわやかな解釈です。

ただ個人的にいちばん気に入っているのは、オルフェウス室内管弦楽団の演奏(DG 439 779-2)。
速めのテンポですっきりまとめた、現代的なスリムな演奏です。

(02.4.21.記)

その他の「ハイドン」の記事
ハイドン/交響曲「哀悼」「告別」「受難」
ハイドン/交響曲第103番「太鼓連打」&104番「ロンドン」
ハイドン/交響曲全集(アダム・フィッシャー指揮)
ハイドン/チェロ協奏曲第1番
ハイドン/弦楽四重奏曲「ひばり」「セレナード」「五度」「皇帝」(イタリア四重奏団)
ハイドン/弦楽四重奏曲選集(アマデウス・カルテット)
ハイドン/ピアノ・ソナタ第46&19番(ポゴレリチ独奏)
ハイドン/6つの後期のピアノ・ソナタ(グールド独奏)




「お気に入り音楽箱(クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ