ハイドン/弦楽四重奏曲集
(イタリア弦楽四重奏団)



Amazon.co.jp : ハイドン:弦楽四重奏曲第17番&第67番&76番&第77番

HMV : ハイドン「ひばり」「セレナード」「五度」「皇帝」 icon

Tower@jp : ハイドン:弦楽四重奏曲第63番「ひばり」/第17番「セレナード」/第76番「五度」/第77番「皇帝」



<曲目>
ハイドン/弦楽四重奏曲「ひばり」「セレナード」「五度」「皇帝」


先日、「サラサーテ」という雑誌を読んでいて、びっくり仰天した記事がありました。
上海カルテットが、往年の名カルテット、イタリア四重奏団について語っているのですが・・・。

 (以下引用)

 「(イタリア四重奏団は)いつもおどろくほどブレンドしていた。そういう彼らの哲学だったんだ。
 でも、そんな他に例を見ないブレンドの仕方ができる彼らは、これがまた他に例を見ないほど仲が悪かった。
 というのも、第2ヴァイオリンの女性がカルテット内の2人と次々に結婚したんだ。」

 「いや彼女は結局、3人共と順番に一緒になったんですよ。
 3人目に行き着いたころには、一人目の夫はリハーサルに拳銃を持って行ったって聞きました。」

 「ヴィオラ奏者が胆嚢の手術で入院している間に、何と他の3人は相談して違うヴィオラ奏者を雇ってしまった。
 もともとのヴィオラ弾きが退院したときには、『新しい奴を雇ったから、君にはもう用はない』ってわけ。
 でも、3人は新しいヴィオラ奏者を雇うに当たって、ひとつ大事な質問を忘れていた。
 そう、この人は飛行機恐怖症で、アメリカにもアジアにも全然行けないってことがすぐに判明。
 じゃあ仕方ないから、もとのヴィオラ氏に戻ってくれと頼むと、怒っている彼は公文書で謝れと要求したんだって。
 でも3人は断って、世界的名声のあるイタリア弦楽四重奏団はあっけなく解散!」

                                  (雑誌「サラサーテ」 2010年 04月号  20ページ)


はあ〜、あのイタリア四重奏団に、そんなことがあったとは・・・。
イタリア人って、なんか凄い・・・。
情が濃くって血の気も多いんだな・・・。
わけもなく「負けた」と思いました。

なお上海カルテットのメンバーの一人は、
そのイタリア四重奏団の女性奏者(エリーザ・ペグレッフィ)が使っていたヴァイオリンを、現在所有しているそうです。

さて、イタリア四重奏団のCDといえば忘れられないのが、
若きポリーニとともに録音した、ブラームスのピアノ五重奏曲

あと、イタリア四重奏団単独のCDで、現在いちばん入手しやすいのは、このハイドンでしょうか。
彼らの最盛期の録音で、ハイドンの弦楽四重奏曲の名作(標題つきのものばかり)を4曲収めています。
偽作(じつはホフシュテッターの作品)である「セレナーデ」が収録されているのも、今となっては貴重。
ハイドンの弦楽四重奏曲入門にも最適な一枚です。

 伝ハイドン「セレナード」(このCDの演奏ではありません)
 

全編のびやかで明るい歌に満ち、晴れがましい気分になります。
私生活で仲が悪くても、演奏はなんという素晴らしさ・・・。
音楽家っていうか人間って不思議ですねえ。
(イタリア四重奏団の解散は1979年だそうです)

(10.6.29.)







その他の「ハイドン」の記事
ハイドン/交響曲「哀悼」「告別」「受難」
ハイドン/交響曲第53番「帝国」
ハイドン/交響曲第103番「太鼓連打」&104番「ロンドン」
ハイドン/交響曲全集(アダム・フィッシャー指揮)
ハイドン/チェロ協奏曲第1番
ハイドン/弦楽四重奏曲選集(アマデウス・カルテット)
ハイドン/ピアノ・ソナタ第46&19番(ポゴレリチ独奏)
ハイドン/6つの後期のピアノ・ソナタ(グールド独奏)



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ