ハイドン/ピアノ・ソナタ第46&19番
(イーヴォ・ポゴレリチ  1991年録音)




Amazon.co.jp : ハイドン:ピアノ・ソナタ第19番&第46番

HMV : ポゴレリチ/ハイドン:ソナタ集 icon

ヨーゼフ・ハイドンが、52曲ものピアノ・ソナタを残していることは、意外と知られていません。
モーツァルト(17曲)やペートーヴェン(32曲)より、ずっと多いのですが。
一生懸命書いたのに、気の毒なヨーゼフです (あ、いま「アルプスの少女ハイジ」の犬の顔が脳裏に)
決して、曲がつまらないわけではありません。
きっと、タイトルがついた曲がないせいです。
何曲か見つくろって、「恋人よ」とか「あの日に帰りたい」とか「さくらんぼ」とか、適当にタイトルつけとけば
もっと売れたのにね (え、センス古いっすか?)

「わかった、それならイッチョ聴いてみよう」と思われた、そこのアナタ、いいCDがありますよ〜。
個性派ピアニスト、イーヴォ・ポゴレリチのCDで、一番気に入っている一枚です。

ソナタ第46番変イ長調
可憐な第1楽章、線香花火を連想します。
小さな火花がはじけ散るような、ひそやかで、華やかで、でも一抹の寂しさただよう曲。 
微妙なニュアンスを、透明な音色と多彩な表情で描くポゴレリチ、
単純で小規模な曲なのに、なんという深くて大きな演奏。 

 ソナタ第46番・第1楽章
 

第2楽章アダージョは、遅めのテンポでじっくりと噛み締めるように。
でも全然だれません。 小さな川を流れる水を、静かに眺めているような瞑想的気分。

第3楽章は、色とりどりの玉が転がったりぶつかり合ったりしているような、賑やかな音楽。
弾むリズム。輝く音。躍動と流麗。優雅と洗練。(・・・わかったようなわからんような感想だな)

第19番ニ長調も、良い曲です。
とくに第2楽章アンダンテのピュアな叙情は胸キュンもの。
第3楽章の活発でありながら繊細な「音の遊戯」にも魅了されます。

「とにかくガンガン、ハデッちく弾いとけば拍手喝采だぜー!」
みたいなのとは対極に存在するピアニストであり演奏です。

聞くところによると最近のポゴレリチの演奏、ますます渋みを増して、ほとんど修行僧のような味わいだとか。
黙々とわが道を行く異能の天才に幸あれと祈りたいです。

(07.3.20.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ