シェーンベルク/ピアノ独奏曲全集
(グレン・グールド 1958〜65録音)




Amazon : シェーンベルク:ピアノ作品全集(期間生産限定盤)

Tower : シェーンベルク/ピアノ作品全集


「グレン・グールドといえばバッハ」

これは「讃岐といえばうどん」 「福岡といえば明太子」と並び称される鉄壁の組み合わせでありまして、
「グールドのバッハは良いねえ」と言っとけば、とりあえず誰からも文句は言われません。

ところで、グールドがバッハと同じくらい高く評価し、ほとんど偏愛していた作曲家が、

 アルノルト・シェーンベルク(1874〜1951)

であります。
必殺技「十二音技法」をひっさげて二十世紀の音楽に真っ向から切り込み、新しい地平を切り開いた人ですが、
はっきり言って人気はさっぱりです、顔もなんか怖いし。

 

しかしシェーンベルクとバッハには共通点がありまして、それは「抽象的であり、対位法を好み、センチメンタルでない」こと。
要するに「非人間的」ってことなんですが、いかにもグールドが好みそう。
グールドは音楽にロマンとか文学とか物語性を持ち込むことを嫌悪しました。
大嫌いだった作曲家はショパンとシューマン。
どちらもほとんど録音していません。

しかしシェーンベルクは、ピアノを含む作品のほとんどすべてを録音しました。
このCDは、ピアノ独奏曲をすべて収録したもの。
CD1枚にきっちり入るおさまりの良さが、なんだか嬉しいです。

6つのピアノ小品 作品19


耳で聴く抽象画。
ひやりとした鋭敏な耳ざわりが心地よいです。
モダン・ジャズのように聴こえる瞬間もあります。
ビル・エヴァンズのソロ・アルバムに、こんな響き、なかったっけ?
焼肉屋やショット・バーのBGMにまぎれこませても、意外とイケたりしませんかこれ?

5つのピアノ曲 作品23


グールドの演奏はさすがに完璧。
徹底的に明晰で、細部をくまなく響かせ、なめらかなソノリティも充分。
無機的で硬質な響きのなかに、ヴィヴィッドなうたごごろが結晶化して、キラキラ光を放っています。
じっくり聴いていると、不思議なスリルを覚えて耳が冴え冴えしてきますが、
BGMとして聞き流してもOK、決して空気をかき乱したりせず、時間の中に吸い込まれてゆく、非常に上質な音楽です。

(2018.05.22.)


その他の「グレン・グールド」の記事
バッハ/小プレリュードと小フーガ集(グールド)
バッハ/フーガの技法(グレン・グールド)

ハイドン/6つの後期のピアノ・ソナタ(グールド独奏)
ヘンデル/ハープシコード組曲(グレン・グールド)
グールド(グレン)/未完のイタリアン・アルバム
グールド/エリザベス朝のヴァージナル音楽名曲選

青柳いづみこ/グレン・グールド 未来のピアニスト

その他の「シェーンベルク」の記事
シェーンベルク/月に憑かれたピエロ

「本の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ