ブラガ・サントス/交響曲第2番ほか
Alvaro Cassuto 指揮 ボーンマス交響楽団




Amazon.co.jp : Joly Braga Santos: Symphony No. 2/ Crossroads

HMV : Braga=Santos/Symhony No.2 icon



ポルトガルが生んだ孤高の天才、ジョリ・ブラガ・サントス(1924〜1988)は
6曲の交響曲を残しています。
第1番(1946)から第4番(1951)までは、古典的で晴れやかな名曲ぞろい。
第5番(1966)と第6番(1972)は、やや、というか中途半端に前衛的。

辺境の地ポルトガルで、ヨーロッパ音楽の本流から距離をおき、自由に作曲していたブラガ・サントス
ところが第4番まで書いたところで、不幸にも「前衛音楽」なるものに影響されてしまい、
第5番から「プチ転向」してしまった・・・みたいですね。
第5,6番も決して駄作ではありませんが、個人的には第4番までが好き好き大好き超愛してるなのであります。

そして不思議なことに4曲とも、聴いていると海を連想します。

以前に、第1&5番第4番をご紹介しました。
今回は交響曲第2番(1947)を。
いやあー、なんというスケールの大きさ、ダイナミックな響き、輝くばかりの交響曲でしょう!
48分を超える大作! しかーし! 一瞬たりとも退屈しません・させません!
まったく、これがわずか23歳の青年の作品とはっ!!

 ブラガ・サントス:交響曲第2番
 

第1楽章
短いイントロにつづき、渦巻く波のような弦に乗り金管が奏でる勇壮な第一主題。
船に乗り、冒険の旅にいざ出発! って感じです。
このノリに思わず「NHK大河ドラマかっ!」と突っ込んでしまったアナタはもうブラガ・サントスの術中に。

第2楽章アダージョ・ノン・トロッポは夜の海。
水面に映る月、潮の香りを含んだ優しい風を感じる、静かに澄んだ緩徐楽章。

第3楽章アレグレット・パストラーレ。
のどかなスケルツォ。 凪いだ海の上を滑るように飛び交うカモメの群れを見るようです。

第4楽章は静かな序奏にはじまり、徐々に力と明るさを加えてゆきます。
海の夜明けを連想します。
そこから、勇壮なアレグロ、抒情的な歌、軽妙なフーガなどが次から次へと乱れ飛ぶ、めくるめく音の饗宴に。
最後は、夢見るような優しいメロディを存分に歌いながら、堂々と輝かしい終結へ。


郷愁を誘うメロディ、色彩豊かなオーケストレーション、映画音楽のようですが俗っぽくはなく、気高さを感じさせます。
もう大変な傑作だと思うんですけどー。
聴いて損はありませんよー、いや聴かないと損ですよー、力強くオススメいたします。

(10.2.19.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ