Joly Braga Santos/交響曲第1&5番
(Alvaro Cassuto指揮 ポルトガル交響楽団)


Amazon.co.jp : Joly Braga Santos: Symphonies Nos. 1 & 5


ポルトガルの作曲家・ブラガ・サントス Braga Santos (1924〜1988)、初聴きです。 よろしくお願いいたします。
ポルトガル、と言えば思い浮かぶのは、・・・カステラと火縄銃かなあ(いつの知識じゃ)
ミドだかファドだかいう音楽もあるそうですが、・・・聴いたこと無いなあ。
さてさて、どんな交響曲だろーかと思いながら聴いてみると、良かったのです、これが。

交響曲第1番(1946)は、23歳で書いた出世作。
後期ロマン派風です。 現代音楽ではありません。
イギリスや北欧の交響曲に近いものを感じます。
冒頭チェロに奏でられる音型は、全曲を統一するフレーズ。 ここから様々の主題が生まれます。

第1楽章は長い序奏をもつソナタ・アレグロ。 
序奏でヴィオラ・ソロが奏でる哀愁のメロディは、変形されてエネルギッシュな第一主題に。
この第一主題、ちょっと土俗的で、わが国の伊福部昭を連想。
第二主題はとうとうと流れる川のような幅の広い叙情的な旋律で、これまた魅力的。

第2楽章はアンダンテ。 2分過ぎのフルート・ソロ、続くチェロのフレーズに思わずうるっと。 これ泣けるっす。

第3楽章は、元気良く突進するフィナーレ。 静かな中間部を経て、最後はテンポを落とし、感動のエンディングへ。

 ブラガ・サントス:交響曲第1番
 

・・・メロディセンスはGOOD、オーケストレーションも巧み、ホントいい曲でした。
ヴォーン=ウィリアムズウォルトンの影響を受けているとのことですが、いえいえ充分個性的だと思います。

交響曲第5番(1965〜66)は、かなり現代音楽風。 でも決して聴きにくくはありません。
旅行で訪れたアフリカの民族音楽に影響を受けたそうで、
通常のオーケストラに加え12名の打楽器奏者を必要とする大編成です。
とくに第2楽章が印象的、チェレスタがリズミックに使われ、音の万華鏡を繰り広げます。
もちろん他の楽章も聴きどころたっぷりです。 とても気に入りました。

 ブラガ=サントス:交響曲第5番 第2楽章
 


ブラガ・サントス は全部で6曲の交響曲を書いているそうです。
・・・これは全部聴かなきゃですね。 ひゃあ、また財布が軽くなる。

(06.10.1.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ