ナタリー・デセイ/ミシェル・ルグランをうたう
(2013)



Amazon.co.jp : ナタリー・デセイ、ミシェル・ルグランをうたう

Amazon.co.jp:NatalieDessay Sings Michel Legrand/Entre elle et lui

Tower@jp : Entre Elle et Lui - Natalie Dessay Sings Michel Legrand

HMV : Natalie Dessay Sings Michel Legrand icon



いやあ、12月に入ってから忙しい。
忙しくて忙しくてオッサン困っちゃいます。
え、そんなに仕事が大変なのかって?

 いえ、忘年会です(きっぱり)。

このところ続いてましてねー。
おまけにこの時期にどういうわけか職場の健康診断があったりして、こないだは二日酔い状態で採血されちゃいました。
結果が楽しみ。

さて、そのように多忙な中、昨日は高松に毛替えに行ってきました。

 娘「とうとう植毛したの?」

 私「頭のてっぺんが寒くてねえ・・・・・・って違うわ! チェロ弓の毛替えじゃ!」

前回替えてからほぼ1年、自分では替え時がさっぱりわからないのですが、
楽器メインテナンスの本に「最低でも年に1回は毛替えをしましょう」と書いてあるもので。
楽器屋に持っていくと、「しっかり弾きこんでますね、替え時ですよ」と言われて、
なぜかちょっと嬉しい私でした。

行き帰りの車の中で聴いていたのが、

 ナタリー・デセイ、ミシェル・ルグランをうたう

フランスを代表するプリマドンナが、フランスを代表する映画音楽作曲家の曲を歌ったアルバム。

何も言うことはありません、ただ黙って聴くべしです。

 ・・・・・・・・・・・・

 ・・・・・・・・・・・・

黙って聴いていたら記事にならないので、何か書きます。

一聴、ナタリー・デセイのフランス語の美しい響きに魅了されました。
もちろん意味は全然わかりませんが。
オペラティックな発声でなく、ジャズ・ヴォーカル風に歌ってますが、デセイの声の魅力はいささかも減じていません。
というか、なんという深みとツヤのある歌声、めちゃくちゃ素晴らしいヴォーカルです!
もっとジャズとかポピュラーとか歌ってほしい!

 Les Moulins de Mon Coeur(風のささやき)
 

そしてミシェル・ルグラン御大のピアノの上手いこと上手いこと!
今年81歳とは思えないお達者ぶり。
渋い歌声も2曲で聴かせてくれます。

パトリシア・プティボンもゲスト出演、デセイとともに「ロシュフォールの恋人たち」「双子姉妹の歌」を聴かせてくれるなんて!
なんという贅沢で粋なアルバムでしょう!

 

さて、無事に毛替えが終わった弓でチェロを弾いてみると・・・。
おお、やっぱり違います!
弦をこする感触が軽くなり、弾きやすいです!
そうかー、これまで下手だったのは、弓の毛が古かったからなんだな、と思いましたね。
・・・10分ほどでそうではないことを思い知りましたけど。

(2013.12.8.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ