ジャック・ドゥミ/シェルブールの雨傘(1964)
Les Parapluies de Cherbourg



Amazon.co.jp : シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版(2枚組) [DVD]

HMV : シェルブールの雨傘(DVD) icon

Tower@jp : ジャック・ドゥミ/シェルブールの雨傘 デジタルリマスター版


関東地方は水不足と報道されていますが、
私の住む四国ではこのところスコールがよく降ります。

晴れた暑い日だなあと思っていたら、突然暗い雲が広がって、
シャワーのような大粒の雨がザーッ、雷もゴロゴロ。
でも20〜30分で止んでしまいます。

なんだか熱帯雨林のような気候です。
四国は熱帯になりつつあるのでしょうか。

窓から見える山には、今はスギヒノキが植わっていますが、
そのうちパパイヤマンゴーパイナップルがニョキニョキ生え出すのかもしれません。
・・・楽しみですねえ(←阿呆)

いずれにしても、外出には雨傘が手放せないのであります。


さて、「雨傘」といえば思い出すのが、映画「シェルブールの雨傘」(1964)
映画オリジナルのミュージカルで、セリフはすべて歌で歌われます。
「ガソリンはスーパー? それともレギュラー?」なんてセリフが朗々と歌われますが、笑っちゃいけません。
しかもダンス・シーンは皆無、ミュージカルとしては奇妙というか掟破りの代物です。

「ジーザス・クライスト・スーパースター」も、セリフはすべて歌ですが、あれは舞台ミュージカルの映画化だし、ダンスシーンもたっぷり。
考えてみると「シェルブールの雨傘」、じつに特異な映画といえます。
とはいえ要はオペラみたいなもの、クラシック音楽聴きにはそれほど違和感なく鑑賞できます。

 シェルブールの雨傘より
 

ただし前半のギイとジェヌヴィエーヴのアツアツ・ラヴラヴぶりが、こっ恥ずかしくて観ていられんとか、
ジェヌヴィエーヴの心変わりの唐突さとか、ラストで再会した二人の淡白な態度とか、引っかかるといえば引っかかってました。

しかし今回観かえしてみて、ジェヌヴィエーヴが17歳という設定だったことを知り、
「やっぱり不安だよなぁ・・・」と、カサールになびいたことにも納得。

ラスト・シーンは、ともに守るべき家族を持つ大人の態度。
哀しくも美しく、味わいがあるラストだなあと、さらに深く納得いたしました。
恋が失われても人生は続く、誰もがロミオとジュリエットのように死んでしまうわけではなく、明日を生きていかなくてはならないのです。

 ラスト・シーン
 

単なる恋愛ミュージカル映画と思っていたのですが、意外と深い内容。
ある程度年を食ってから観たほうが、きちんと理解できるかもしれません。

ミシェル・ルグランの流麗なメロディ、ダニエル・リカーリ(吹き替え)の天使のような透明な歌声、
当時20歳のカトリーヌ・ドヌーヴの輝くばかりの美しさ、
そして画面を彩るまばゆいばかりの色彩の乱舞は、ジャック・ドゥミ監督の面目躍如。

折にふれて観かえしたい映画がまた増えてしまいました。

(2012.9.15.)

「映画の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ