ジャン=リュック・ゴダール「はなればなれに」
Bande a Part
(1964)



Amazon.co.jp : はなればなれに [DVD]

Amazon.co.jp : はなればなれに Blu-ray


先日、苦しまぎれに「映画の感想小屋」を増築したところ、
多くの方から掲示板に歓迎の書き込みをいただきまして有難うございました。
大変励みになりました。
ネタ切れに負けずに頑張るぞー!


ところでこの間、夕食前にビール飲みながら家族と話していると、ニョウボが言いました。

 「映画の話になると、通ぶってすぐ『ゴダールが・・・』とか言い出す奴はサイテーの馬鹿だって
  今日ラジオで言ってたよ」

 「そうかぁー、はっはっは・・・(汗)」

なるほど、肝に銘じておくといたしましょう。


というわけで今回もゴダールござーる(←ぜんぜん銘じてない)

 「はなればなれに」 "Bande a Part" (1964)

「女は女である」(1961)同様、アンナ・カリーナの魅力にしてやられる映画です。
今回アンナは、北欧からパリに出てきたばかりの田舎っぽい娘オディール
裕福な叔母の家に居候して英会話学校に通っています。
可愛くてお馬鹿で天然・・・なのですが、謎めいた巨大な瞳、突然見せる暗く絶望的な表情に底知れないものを感じます。
何を考えてるのかわからなくて、ちょっと怖いです。
たぶん、自分でも自分が何なのかわからないのでしょう。
不安定で危なっかしいオディールを美しく魅力的に演じるアンナ・カリーナです。

ストーリーは、アルトゥールフランツという二人の若者がオディールを抱き込んで、
彼女の叔母が家に隠してある大金を強奪する計画を立てるものの、いたるところで齟齬が生じ、ついに・・・
というものですが、まあどうでもいいです(いいのか?)。

本筋と関係ないシーンばかりが印象に残ります。、
カフェでかる〜く計画を練ったらもう退屈してしまい、「1分間の沈黙」をしたり踊りだしたりするいいかげんさ(このカフェでのシークエンスはそのユルさゆえに名場面なんだそう)
ルーブル美術館を3人で手をつないで走り抜けたり。
地下鉄のなかでアンナが暗い歌をアカペラで歌ったり。

 「はなればなれに」よりマディソン・ダンス
 

そしてゴダールによるナレーションがあちこちで唐突にミシェル・ルグランの音楽を止めてまで!)挿入されます。

結局、若者たちの「強盗ごっこ」は苦い結末を迎え、なんだかよくわからないおとぎ話めいたエンディングへ。
とにかく好き勝手やっています。
作り手が心から楽しんでるのが伝わってくることが、この映画の一番の魅力ではないかと。

もっとも、このころからゴダールカリーナの間の亀裂は徐々に拡大し、翌年にはついに離婚に至ります。
驚いたことにあの大傑作「気狂いピエロ」は離婚直後に撮影されたもの(もっとも私はこの映画、ちょっとついていけないのですが・・・)

それはそれとして、この「はなればなれに」、カルト的な人気を誇る作品ですが、現在のところ・・・・

 DVDは絶賛廃盤中です!!

・・・ゴダールって実は人気ないんでしょうか??


ところでこのPVも、「はなればなれに」へのオマージュなんでしょうね(ピチカート・ファイヴ最高!)
   ↓
Twiggy Twiggy
 

(2012.7.21.)




P.S. 2013年2月に、紀伊國屋書店よりブルーレイが発売されました! 紀伊國屋エライ!
                 ↓
          はなればなれに Blu-ray





「映画の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ