ピチカート・ファイヴ/JPN
Big Hits and Jet Lags 1994-1997
(1997)



Amazon.co.jp : PIZZICATO FIVE JPN

HMV : Pizzicao Five / JPN icon

 BABY PORTABLE ROCK
 

ガラッ八:
それにしても親分は、聴いてる音楽だけはお洒落で可愛らしいでやんすね。

親分:だけ、とはなんだよ。 だけとは。

八:だって、服のセンスはハチャメチャだし、部屋はメチャクチャだし、顔はグチャグチャだし・・・。

親:グチャグチャで悪かったな!

八:んで、いま聴いてるのはピチカート・ファイヴでやんすか。

親:うむ、1994〜1997のベスト・アルバム「JPN」だ。

八:ピチカート・ファイヴって、同じ曲でもいろんなヴァージョンありますよね〜。
  リミックス版とか、デジタル・リマスター版とか、ディレクターズ・カット版とか、ノヴァーク版とか・・・。

親:ノヴァーク版はないって!
  ヴォーカリストも何度か代わっているし、どれから聴けばいいかわかりにくいよなあ。
  でもやはり絶頂期は「東京のディーヴァ」野宮真貴がヴォーカルだった時代。
  この時期のヒット曲は「TYO」「JPN」「RIP」の3枚のベスト・アルバムにまとめられているので、
  とりあえずこのあたりから聴くのが良いんじゃないかな。

八:3枚もあるんでやんすか〜。

親:どれか一枚なら、個人的には「JPN」が一番好きだなあ。
  いちばん脂が乗ってた、いわばバンドの頂点をおさめたベスト・アルバム。
  徹頭徹尾オシャレ&ポップを追求して一分の隙もない小西康陽のサウンド、
  セクシィ、シルキィ&ミルキィに耳元でささやく野宮真貴のヴォーカル、じっくり聴きこむ価値ある一枚。
 超かっこいいリミックス「Lesson 3003 PartT」を聴くがよいわっ!

 

八:最初のナレーションが遊び心たっぷりでやんすね。
 「いつもキュートでチャーミングな野宮真貴さんと、いつも愉快な小西康陽さんがお届けする、 それはもう、たまらなくハッピーで愛らしい音楽の贈り物」

親:単にヒット曲を集めただけのベストではなくて、もう一度別アルバムとして編集しなおし、再構築。
  ひと手間かけた丁寧で良心的な作りが、何度聴いても飽きない秘密かも。

八:このサイトの管理人も、いまだにときどき思い出したように聴いてますよね。

親:あのオッサンは自動車通勤だからな、行き帰りの車の中でよく聴くらしい。

八:へえー、でもあのオッサンの通勤ルートって、田んぼと麦畑の間を走っていくんでしょう。
  カントリー・ワールドのピチカート・ファイヴ、似合わね〜。

親:いやいや、のどかな田舎の風景にも不思議に合うそうだぞ。

八:ほ、ほんとかな〜。

(07.7.19.)


ピチカート・ファイヴ/TYO(Big Hits and Jet Lags 1991-1995)

HMV : Pizzicato Five / TYO icon



PIZZICATO FIVE/ R.I.P(Big Hit and Jet Lags 1998-2001)

HMV : Pizicato Five / R.I.P. icon



「お気に入り音楽箱(ノン・クラシカル)」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ