moumoon acoustic selection -ACOMOON-(2017)



Amazon.co.jp : moumoon acoustic selection -ACOMOON-

Tower@jp : moumoon acoustic selection -ACOMOON-


moumoon(ムームーン)のライヴを聴きに東京まで行ってきました。
いやー都会だべー、東京は。
四国からはばり遠いぜ。

moumoonは、ギター&作曲のMASAKIと、ヴォーカル&作詞のYUKAの二人からなるユニット。
ただし今回のライヴは6人のバンド編成、パワフルでノリノリでウキウキでハツラツでした。

こんな感じ。
    ↓
  (2013年のライヴより)
 

いい年して、コブシ突き上げて「いえー」なんて叫んでおりました。
しかし、そろそろスタンディングのライヴハウスはきつくなってきたなあ・・・。


ところで今月出たmoumoonの新しいアルバムは、雰囲気ガラリと変わりまして

 moumoon acoustic selection -ACOMOON-

既発表曲を、MASAKIのギターとYUKAのヴァーカルだけでセルフカヴァーした、アコースティック・ベストです。
経費があんまりかからなくていいですよね(←コラコラ)。
毎月、満月の夜にYou Tubeとニコニコ動画で無料配信している、FULLMOON LIVEのCD版って感じ。

 Follow Me
 (←隠れた名曲!)

基本すべて一発録りとのことで、ライヴ感・臨場感ひしひしであります。
あとから手を加えたり、ミックスダウンはせず、生音で勝負! 
なので1か所でも気に入らないところがあれば最初から録り直し。
意外に大変だったそうです。

 Cinderella
 (←超名曲! 歌詞が深い)

実際、ギター1本と歌だけでアルバム1枚作るってのは、かなりのチャレンジです。
自分たちの音楽に自信がないとできません。
選曲はバラード中心、まったり、ゆったり、くつろげます。
気持ちよーく眠くなってきます。

 Sunshine Girl
 (←moumoonといえばやはりこの曲)

正直、アップテンポの曲をもう少し入れてほしかった気もしますが、ぜいたくを言ってはいけませんね(言うとるがな)。
たとえばこんな曲とか。

 SPARK (FULLMOON LIVE 2018 July より)
 (←跳躍の大きなメロディを正確に歌いこなすYUKAのボーカルテクニックが聴きもの)

この曲も入れてほしかったな〜。

  天国にいちばん遠い場所 (FULLMOON LIVE 2017 June より)
 (←とにかくメロディが美しいラブソング)

美しいメロディと歌詞をシンプルに味わえる、moumoonというアーティストの「核」をそのまま抽出した素敵な1枚です。
ただし、そうはいっても超絶地味・激シブですので、はじめて聴く人にはハードル高いかもです。
最初に聴くならベスト・アルバムかな、やっぱり。

今回もジャケットはYUKAが描いた絵。
ここ数作、なぜかジャケットには顔出ししない主義のmoumoonです。


じつは来週ふたたび大阪へmoumoonのライヴ聴きに行く予定。
急な仕事が入ったりしないことをひたすら祈っています。

(2017.10.10.)

その他の「moumoon」の記事
moumoon/moumoon
moumoon/リフレイン
moumoon/15 Doors
moumoon/No Night Land
moumoon FULLMOON LIVE TOUR 2015 〜It's Our Time (DVD)
moumoon/Love Before We Die & It's Our Time
moumoon BEST -FULLMOON-
moumoon/Flowers
moumoon/Flyways

moumoon/PAIN KILLER
moumoon/NEWMOON

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚 (索引)」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ