moumoon/リフレイン
(2010)



Amazon : リフレイン(DVD付)

<曲目>
リフレイン
Brilliant Days
天国に一番遠い場所
Kiss me Baby
MUSIC
青い月とアンビバレンスな愛

珠玉のミニ・アルバム


moumoon/リフレイン(2010)
ファースト・フルアルバム"moumoon"(2008)と、セカンド・フルアルバム"15 Doors"(2011)の間に発表された6曲入りミニ・アルバム。
6曲すべて素敵な曲であるうえに内容は多種多彩、moumoonの音楽家としての引き出しの多さを見せてくれます。

1曲目「リフレイン」は、ライブでもよく歌われる人気曲。
その後いくつも作られる「前向き励ましソング」の原型といえる作品で、とってもいい曲です。
サビのフレーズでの4度の跳躍が耳に残ります。



ライブだと盛り上がります、元気づけられます。



 あの日のあの言葉 あなたとわたしの絆 共に描いた夢を絶対、叶えましょう
 自分の道を行こうと 那由多の記憶と共に飛び立った
 気高き後ろ姿は 確かにこの瞼に
残っているよ 時が過ぎても

 あの日のあの言葉 あなたの笑い声リフレインさせて わたしはどこまでも強くなる
 逢いたい切なさはあなたと私をつなぐ だからどんなに遠くたって聴こえてる

2曲目「Brilliant Days」、これぞ隠れた名曲。
メルヘンチックでクラシカル、耽美的で妖しい雰囲気はいまのmoumoonにはないものです。
谷山浩子にも通じる危険で童話的な魅力を発散していて、この路線もうちょっと追求しても面白かったのでは。



 Brilliant Days 窓を泳ぐ人魚のうた ゆれる声は、途切れて
 Brilliant Days あなたはただ、ガラスの中 漂うわたしを眺めてる
 同じ場所から見る 菫の花、蒼い木漏れ日
 芽吹いてく孤独と やわらかい雨が 瞳を濡らす
 焦がされたこの胸と 白い手がいま触れたいのは消えない横顔



3曲目「天国に一番遠い場所」・・・・・・不思議なタイトルですが、我々が生きる「現世」を意味しているのでしょうか。
幸福感あふれるラブソングです、メロディの美しさにノックアウトされてカウントテンでも起き上がれない超名曲。
YUKAの歌詞は「アダルト・チルドレンの一例」的内容でやや屈折していますが、
明るい曲にもほのかな闇を感じさせるところがmoumoonの深みであり魅力でもあります。
アルバム"15 Doors"にも収録されています。



 だれかに寄り掛かること 打ち明けることもしなくなっていたよ
 涙は出てくるのに 言葉にできずに 強くないと知る
 ひとつためいきをついた君は 二つ数えて微笑む
 「大丈夫」のキスでひとたび きれいになれるようで

 I will love you, so would you be beside me?
 If I miss you, then would you come to find me?
 I'm in love with you, I was born to be loved by you.
 I think it's true, It's like this.
 I will believe you like the way you trust me.
 I will sing you those many things I wanna tell you
 I will love you, I'm truly in love with you, I do.

 
 パパとママの笑顔を作ることこそが仕事だと思ってた
 ママの涙で気付く 「あなたの笑顔がなくてどうするの」
 優しくされると苦しくなる 揺れてしまう心
 でも 「大丈夫」のハグでひとたび
 眠りに落ちるようで



4曲目「Kiss me Baby」は、分厚いストリングスにピアノがからみ、幻想的な世界が広がるクラシカルなバラード。
「Brilliant Days」と似た雰囲気のエレガントで耽美な曲です、こういう曲好きなんですが、最近書いてくれませんねえ。



 ガートルードの愛した庭で ブランコを降りたその日に
 朝露のしたたる森を 素足のまま 目指したワンダーランド
 手鏡で紅を引いた 夕暮れのGalaxy 無知なるSensuality
 恋を知って空に泣いた 時が運ぶGravity 女人へのAnxiety
 Kiss me Baby 夢から覚めてもここにいて これは終わらぬ物語
 Kiss me Baby きみと見る星がとても好き やさしくて



5曲目「MISIC」は一転してポップでキッチュ、サウンドはシンプルだけど他の誰にも似ていなくて、すごく「新しい」です。
歌詞も単なる言葉遊びのようで何か意味があるようでよくわかりませんがとにかく面白い。
この人たち天才かっ!

 

 イチ ニ サン シ ゴ ロク shit! いろいろあるんだわ 一週間 
 月曜、朝7時の人間力  水曜、午後6時の鈍感力
 生まれた時代が「時代が悪かった」ってそんな、もう百年前の誰かさんもそう言っていた
 生まれた時代の 時代のせいにしてもいいんですが 21世紀は それでもみんなを愛しています!
 Music それ以外は 超sick  Music それがなきゃ 超sick


ラストでバックコーラスが楽器の名前を羅列するところがチョー洒落ています(動画の2:20ごろから)
ちなみになんて言ってるかと言うと・・・

 Wind chime Xylophone Triangle Piccolo Bouzouki Contrabass Viola Violin Glockenspiel Mandolin Gamelan English horn
 Trombone Tambourine Tympani Castanet Clarinet Bamboo fluteTuba Marimba Saxophone Guitarr ('o)n Cowbell Harpsichord
 Jambe Vibraphone Penny whistle Sitar Euphonium ZamponaAccordion Biguella Dulcimer Didgeridoo Violin Cello

 Trombone Tambourine Tympani Castanet Clarinet Bamboo flute


・・・・・・なんじゃこりゃ、聞いたこともない楽器もあるぞ、アヴァンギャルドだな、愉しいな。

こういう実験的な曲も果敢に作るのがmoumoonの魅力で、のちの"cocoon""Fight Back"などへとつながってゆきます。

 cocoon ("It's Our Time"(2015)収録)
 

 Fight Back ("It's Our Time"(2015)収録)
 

ラストの「青い月とアンビバレンスな愛」は一転、闇の底に沈んでゆくようなダーク・バラード。
インディーズ時代に作った曲で思い入れが強いらしく、唯一MVが作られ、次のフルアルバム"15 Doors"にも収録されました。
愛しているのに憎くもあるというアンビバレントな感情を見事に歌にしています。
YUKAの実体験が元ネタになっているのかどうかは知りませんが、麗しく繊細なメロディがきわだつ曲で、後半からの盛り上がりは最高。
ただMVではYUKAのメイクがちょっと怖い



満ちたり欠けたり嘘つきな それを見るたびに泣きたくなる
昨日は優しくて いい子になれたのに 傷つけてしまうのはどうして?
青い月 連れてかないでよ いとしい人を 恋しくて憎くもあるから アンビバレンスな愛
お願いよひとりにしないで いとしい人よ 狂おしいシルクの夜空と アンビバレンスな愛
逢いたい 逢えない 想い こんなに抱いて 眠れない all night long
You are the one for me・・・ I need to be with you・・・

静かな木洩れ日 手をつなぎ 解りあえた日々 思い出す
破れない沈黙と あなたに背を向けた 今では押し寄せるよ 孤独が
青い月 照らし出さないで ねじれた心 近いほど見えなくなっていく アンビバレンスな愛 
あのころは小さなしあわせ 気づけたのにね 欲張りになってしまったの? アンビバレンスな愛

窓辺に淡い光を放つ青い月が 空に舞う塵の作りだしたまぼろしならば
この瞳まどわせる 自分の弱さ迷いも拭い去れたならきっと もういちど許しあえるのかな



久しぶりに通して聴いてみたんですが、やっぱり完成度の高い名盤でした。
10年たっても古びていません。
DVD付きヴァージョンは、2009年「中秋の名月ライブ」のダイジェスト映像が収録されていてお得です。

(2020.03.22.)


関連記事
moumoon/Flowers
moumoon/moumoon
moumoon/15 Doors
moumoon/PAIN KILLER
moumoon/Love Before We Die & It's Our Time
moumoon FULLMOON LIVE TOUR 2015 〜It's Our Time (DVD)
moumoon BEST -FULLMOON-
moumoon acoustic selection -ACOMOON-
moumoon/Flyways
moumoon/NEWMOON


「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

「整理戸棚 (索引)」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ