M.A.シャルパンティエ/ルソン・ド・テネブレ
(M.ジェステル指揮/パルルマン・ド・ミュジーク)
(OPUS111 OPS 10−003)




Amazon.co.jp : Charpentier: Office de Tenebres


大昔(30年近く前)雑誌のオーディオの広告で見たコピー、とても印象に残っています。

 「寒い夜は、音にくるまろうよ」

以来、どういう音にくるまれたなら一番暖かいだろうと、
心の片隅で考えながら音楽を聴いてきた、というと大げさですが、
音楽の好みを決める重要な要因になっているのは確か(別に、家に暖房がないわけではありませんよっ!)。

さて私の「ぬくぬく音楽」ランキングの中で、長きにわたり不動の1位を誇っているのがこのCDです。
今年没後300年のマルカントワーヌ・シャルパンティエ/ルソン・ド・テネブレ (1643〜1704)。
「真夜中のミサ」「テ・デウム」で有名なシャルパンティエ、なんと32曲もの「ルソン・ド・テネブレ」を残しています。
このCDにはそのうち3曲が収録されていて、最後に美しい「ミゼレーレ」がおまけについています。
(「ルソン・ド・テネブレ」については、こちらをご覧ください。)

クープランドラランドの「ルソン」も、暖かみのあるやさしい音楽ではありますが、
シャルパンティエのほうが推定2〜3度 保温効果に優れているように思えます。
2本のリコーダーによるほんわかとした響きのうえに、ふくよかで澄んだソプラノの歌声がかぶさってくる冒頭、
やわらかな音の毛布に包まれて、幸せな気分にひたれます(ヴェロニク・ジャンの歌声最高!)
2曲目からはソプラノ二重唱となり、「ニバイ、ニバイ!」(古いな〜)、あったかいです。

シャルパンティエの「ルソン」の名盤は、コンチェルト・ヴォカーレ盤(HMF)、イル・セミナリオ・ムジカーレ盤(Virgin)、
コンセール・スピリチュアル盤(Glossa) など、数多くあります(不思議に収録曲はあまりだぶっていません)
しかし、こと「暖かさ」に限って言うならば、このディスクが一番だと思う2月の夜であります。

 シャルパンティエ:ルソン・ド・テネブレより(このCDの演奏ではありません)
 

(04.2.16.記)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ