和楽器バンド/オトノエ(2018)

Amazon :オトノエ(MV-DVD付き) Amazon :オトノエ(LiveDVD付き)
Tower :オトノエ(MV-DVD付き) Tower :オトノエ(LiveDVD付き)

(Blu-Ray付きヴァージョン、CDonlyヴァージョンもあります)


2018年4月、和楽器バンド4枚目のアルバムが発売されました。

 和楽器バンド/オトノエ

2017年11月にベスト・アルバム出したと思ったら、5か月もしないうちにニュー・アルバムとは。

おまけに、アルバム発表直後から全国25か所を回るツアーを開始って・・・だ、大丈夫ですか? 体力持ちますか?
私3か所ほどチケット押さえてるんですよ、身体壊してキャンセルとかしないでくださいよ〜(←オイ)。

さて今回のアルバムですが、過去3作と比べて明らかに音が整理されています。
曲も、綺麗なメロディとわかりやすいサビのある曲が多い印象。

 

 

すっかり洗練されちゃってもう、初期の「超絶技巧爆音チンドン屋」感はいまいずこ。
鈴華ゆう子のヴォーカルは節調こころもち控えめ、曲の途中にいきなり詩吟をぶっ込んでくることもなくなりました。
リズム隊が参加しないアコースティック・バラードもあります、華風月みたいです。
このへんは好みの分かれるところで、昔のガチャガチャしたカオスが好きだった人もいるかも。
しかし聴きやすいことは確かです、「和」と「洋」と「ポップ」と「ロック」のバランスが絶妙なうえに、中近東・無国籍風フレイバーもちょっぴり。
全部ひっくるめていかにも「日本」。
最初にこのアルバムから聴いても大丈夫です。

 

これまでにくらべ、一人一人の音がクリアに聴こえますが、その中でも蜷川べにの三味線をフロントに押し出してきた印象を受けます。
サウンドを統括しているのはギターの町屋、非常に緻密に計算された音作りです。
さすがに策士ですな〜、作詞もしてるだけに(作曲もね)。
今回はメンバー8人のうち6人が楽曲を提供、曲を書ける人がたくさんいるのは強いですね、バラエティに富んでます。

ただし前作につづき、町屋がリード・ヴォーカルの曲がないのはちょっと寂しいな、この人の声、好きなんだけどなあ。

 2016 日光東照宮ライヴより(このCDには収録されていません)
 

「細雪」「砂漠の子守唄」のミュージック・ヴィデオを収録したDVDがつくヴァージョンと、
2018年2月にオーケストラと共演したライヴのDVDがつくヴァージョンがあります。
安定のエイベックス商法、相変わらず阿漕でございますのう〜。
両方おさめたヴァージョンを一般発売したらいいのに、と思いますが。
私はファンクラブ専売数量限定盤を買ったので両方ついていたんですが、冷静に考えると実はこれが一番高かったりする・・・。

 

 

(2018.05.12.)


その他の「和楽器バンド」の記事
和楽器バンド/ボカロ三昧
和楽器バンド/八奏絵巻
和楽器バンド/大新年会2016 日本武道館 ・ 暁ノ宴(DVD)
和楽器バンド/四季彩〜Shikisai〜
和楽器バンド/軌跡 BEST COLLECTION+


華風月/淡き現に 夢かさね

「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ