ルクー/ヴァイオリン・ソナタ(1892)

Amazon : カントロフ/ルヴィエ盤 Amazon : グリュミオー旧盤 Amazon : ボベスコ盤
HMV : カントロフ/ルヴィエ盤 icon


まがりなりにも音楽史上に名を残している作曲家で、最も早死の人といえば
「スペインのモーツァルト」とも言われる

 ホアン・クリソストモ・アリアーガ Juan Crisostomo Ariaga(1806〜1826) 享年20歳

だと思われますが、それに次ぐのがおそらくは、

 ギヨーム・ルクー Guillaume Lekeu(1870〜1894) 享年24歳0か月

でしょう。
ちなみに、リリ・ブーランジェ Lili Boulanger(1893〜1918) 享年24歳7か月 という女性作曲家もおられます。


ギヨーム・ルクーはベルギーに生まれ、フランスでフランクダンディに師事、
目覚ましい才能で将来を嘱望されましたが、
1894年、ピアノ四重奏曲を作曲半ばで腸チフスにかかって死亡しました。

わずか24歳で亡くなったわりに作品は多く、
ベルギーのリチェルカーレ・レーベルからリリースされた作品全集はCD8枚だか9枚だったと思います(廃盤)。 (2015年に再発されました!→ ココ!
ルクーについては以前こんな記事も書きました。

とにかくエネルギー燃えたぎる熱血青年だったようで、バイロイトで感動のあまり失神して運び出された事件は有名(というか恥ずかしいだろ)

 「音楽に私の魂すべてを移しこむことに、とても苦心しています」

と述べたりもしてます。熱いぜ。

1891年には、カンタータ「アンドロメダ」でローマ賞第2位となるものの、本人は1位でないことが不満で

 「2位じゃダメなんです!!」

と言って、受賞を辞退しました。熱いぜ。

長生きしていれば、ドビュッシー、ラヴェルと肩を並べる大作曲家になっていたかも・・・・・・惜しまれます。


ヴァイオリン・ソナタ(1892)はルクーの代表作。
同郷ベルギーの名ヴァイオリニスト、イザイの依頼によって書かれました。
イザイはこの曲を携えて各地で演奏、大好評を博しました。

全3楽章、30分以上かかる大曲です。
みずみずしい叙情、若々しい情熱、むせかえるようなロマンティシズム、美しいフレーズが次々溢れ出してくる、憧れに満ちた名作です。

循環形式で書かれており、冒頭に登場するやわらかでロマンティックなテーマが、形を変えてあちこちに登場。
とくにラスト、情熱的なクライマックスの頂点でこの主題が輝かしく回帰する瞬間はもうサイコー。
でもここだけ聴いてもだめですよ、最初からきちんと聴かないと。
余談ですが第2楽章中間部のメロディを聴くと、なぜか映画「風の谷のナウシカ」を連想しちゃいます。

 

CDは数種類持っていますが、
一番バランスが取れていて聴きやすいのが、
ジャン=ジャック・カントロフ(ヴァイオリン)/ジャック・ルヴィエ(ピアノ)(1987録音)。
ピアノがめちゃくちゃ上手くて、ピアノ主導型の演奏といえるかも。
もちろんヴァイオリンも艶とふくらみのある美しい音で受け答え、
両者のインタープレイで広がりのある力強い音楽を作り上げます。
ディスクも入手しやすいし、安心しておすすめできる名盤。

古典的名盤といえるのが
アルトゥール・グリュミオー(ヴァイオリン)/リカルド・カスタニョーネ(ピアノ)(1955録音)
ベルギー生まれのグリュミオーはこの曲を2回録音していてどちらも名演ですが、これはモノラルの旧盤。
カントロフ/ルヴィエ盤に比べると、張り詰めた緊張感が印象的な、テンション高い演奏。
当時まだあまり知られていなかった同国人の名曲を、広く知らしめようという意気込みが感じられます。
しかしグリュミオーの洗練されたノーブルな音はここでも魅力的。
ピアノが少し後ろに下がったような感じなのは、録音バランスのせいでしょうか。

一般的にはそれほど評価の高い録音ではありませんが、個人的にお気に入りなのが
ローラ・ボベスコ(ヴァイオリン)/ジャック・ジャンティ(ピアノ)(1981年録音)。
ボベスコは1921年ルーマニア生まれで、ベルギーのイザイ・コンクールで優勝して以来、ベルギーを拠点に活動したヴァイオリニスト。
これは没入・熱演タイプのホットな演奏、とにかく曲への共感が半端ないです。
しなやかな音色、幅広いヴィブラート、気持ちのままに揺れ動くテンポ。
音楽とともに生き、呼吸し、曲と奏者がひとつになった見事なパフォーマンス。
テクニックは完璧でも妙に冷静で分析的な演奏というのがありますが、いわばその対極。
クライマックスで音が少しうわずったりもするのも、かえって感動!なのであります。

(2012.10.8.)


「お気に入り音楽箱(クラシカル)」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ