ルクー/室内楽作品集
(アンサンブル・オブリク)


Amazon.co.jp : Lekeu : Musique de Chambre



<曲目>
弦楽四重奏のためのモルト・アダージョ
ピアノ四重奏曲ロ短調(未完)
チェロとアンサンブルのためのラルゲット
弦楽四重奏とピアノのためのアダージョ「追憶の蒼ざめた花々」
ソプラノとピアノのための3つの歌曲


昔ありましたね。
「ルクールクーこんにちは」
というTV番組が。(・・・え、違う?)

夭折の天才作曲家ギヨーム・ルクー(1870〜1894)。
ベルギーに生まれ、パリに学び、セザール・フランクの最後の弟子となりました。
陽気で快活な好青年でしたが、感受性が強く、熱狂しやすい性格であり、
ワーグナー「トリスタンとイゾルデ」の上演中に、感激のあまり失神、担架で担ぎ出されたという恥ずかしいエピソードの持ち主です。
ビートルズの公演に熱狂した女の子みたいですね。

彼の「ピアノ四重奏曲」は、憑かれたように、熱に浮かされたように、若い情熱がかけめぐる名作
・・・になるはずでしたが、
第2楽章の完成を目前に、作曲者はチフスで倒れてしまいます。

「第2楽章の締めくくり方がわかった! 第3楽章の主題も全部浮かんだぞ!
 この曲は3楽章でまとめるから、それで終わりだ。
 終楽章は前の2楽章よりずっと美しくなる・・・!」


と、病床でうわごとのように口走りながら、亡くなったそうです。
まあ、口で言うだけなら何とでも言えますけどね(←コラコラ)。
享年24歳。

 ルクー:ピアノ四重奏曲・第1楽章
 

しかし真面目な話、ルクーの早世は本当に惜しまれます。
残された作品を聴くにつれ、もし長生きしていたら、ドビュッシー、ラヴェルに肩を並べる大作曲家になっていたに違いないと思います。

結局「ピアノ四重奏曲」は、当時の師匠ダンディが第2楽章終結部を捕作、2楽章の作品として演奏されています。

このCDは、ルクーの室内楽の名作を集めた一枚。
「ピアノ四重奏曲」以外も、素敵な曲が目白押しです。
17歳で作曲された「弦楽四重奏のためのモルト・アダージョ」の瞑想的で悲痛な響き、
弦楽四重奏とピアノのためのアダージョ「追憶の蒼ざめた花々」の、はかなくもやわらかい歌。
紛れもない天才の刻印がここに。

このCDに加え、「ヴァイオリン・ソナタ」を聴けば、ルクーの主要作品をほぼ押さえることができます。

(08.8.2.)



Amazon.co.jp : ドビュッシー、ラヴェル、ルクー/ヴァイオリンソナタ


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ