カルロス・クライバーのブラームス/交響曲第4番
(ドイツ・グラモフォン)



Amazon.co.jp : ブラームス:交響曲第4番

HMV : Brahms Symphony No.4 / Kleiber icon

追悼、カルロス・クライバー(1930〜2004)

名指揮者・カルロス・クライバーが亡くなりました。
私はナマで聴いたことはありませんが、録音や放送では楽しませてもらいました。
躍動感にあふれた、しかも品格の高い演奏をする指揮者だったと思います。

クライバーの録音で一番好きなのが、ウィーン・フィルを振ったブラームスの4番(1980)。
その昔、クラシック好きの友人Aの下宿に遊びに行くと、発売間もないこのLPを買ったばかり。
さっそく聴かせてもらって「おお、これはいいな〜」と言ってると別の友人Bから電話が。
しばらく電話で話していると Bが、「ところで後ろでかかってるこの曲、なんや?」というので、
「ブラームスの交響曲第4番。第4楽章や」 と教えてやると、普段クラシックなど聴かない彼が、
「・・・ええ曲やな」
「そうやろ」にやりと笑って友人Aは、受話器をスピーカーに押し付けました(うるさいやんか!)

・・・そんな美しい思い出のある一枚です(どこがやねん)

   Brahms Symphony No.4 4th Mvt. (Kleiber)
 

この曲、一般的には老境(といっても52歳)に達したブラームスの、諦観と憂いがこめられているといわれ、
かつては交響曲第4番「枯れすすき」と呼ばれていた、というのはウソですが、
とにかく、渋くて暗い曲のように思われてきました。
それだけに、クライバーの演奏には度肝を抜かれました。
まさに迫力と推進力のかたまり、同時になんと流麗で優雅なことか。
第1楽章終結部や第4楽章後半は、何度聴いても身体が自然に動き出します。
第2楽章の深く澄んだ響きも美しく、スケールの大きさを感じます。
ジャケットの色使いも相まって(LPだとインパクトありました)、この演奏を聴くと、
銀色に輝くスポーツカーが、秋の森のハイウェイを滑るように走ってゆく様子を連想します。

晩年はほとんど指揮活動をしなかったというクライバー氏(最後に指揮台にあがったのは1999年らしい)、
「冷蔵庫にたくさん食べ物が入っているうちは、仕事をする必要はない」
と言ったという噂もありますが(真偽のほどは???)、
「音楽すること、すなわち幸せ」という、普通の音楽家とは別次元で生きていた人だったようですね。

とにかくも素晴らしい録音を残してくれた氏に感謝、そして、ご冥福をお祈りします。
(04.7.25.記)

「お気に入りの物置」(クラシカル)へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ