ブラームス/交響曲第2&3番(ピアノ連弾版)
(NAXOS)


Amazon.co.jp : Brahms: Symphonies Nos. 2 & 3 (Four Hand Piano Versions)

HMV : Brahms/Four Hand Piano Music Vol.7 icon



You Tube/ブラームス:交響曲第1番・第1楽章(ピアノ連弾版)

ブラームスは、けっこう商売上手。

1867年、連弾のための「ワルツ集」を出版、そこそこ売れました。
つづいて1869年、連弾のための「ハンガリー舞曲集」が大ヒット!
これでブラームスは確信したわけですな。

 連弾モノはいける。

それから、弦楽六重奏曲、五重奏曲、四重奏曲、交響曲、セレナード・・・
発表する曲のほとんどを、ピアノ連弾に編曲し、出版しました。
当時、ドイツのハイブラウなご家庭では、音楽的娯楽としてのピアノ連弾が盛んに行われていたそうで、
録音技術のなかった時代、自作を普及させる方法としても理にかなっていたわけです。

 「ロザリンデ、ブラームスはお好き?」
 「ええ、クラウス、好きよ。」
 「実は、ブラームスの新作交響曲の連弾譜が手に入ったんだ。 ぼくの家で一緒に弾いてみないか?」
 「まあ、素敵・・・ポッ(←頬が赤くなる音)
 なんて情景も繰り広げられたに違いありません。コノヤロ!

さて、ブラームスの交響曲の、ピアノ連弾版。
ピアノの音しかしないのですから(当たり前)、単調で退屈かと思ったら、意外にイケるのですこれが。
モノクロ写真に、カラー写真とは別の美しさがあるようなものでしょうか。
透明で見通しが良く、響きの構造がわかりやすいのはめっけもの第3番の第3楽章など)
管弦楽では味わえない、急速楽章での軽やかなノリも新鮮です。
達者な演奏のおかげもあり、非常に楽しめました。

”Brahms Four Hand Piano Music Series”、ナクソス・レーベルからずらりと出ています。
うーん、ブラームス、本当に商売上手ですねえ。
(05.12.23.)

いろいろあります


Amazon.co.jp : Brahms: Symphony No.4(Four Hand Piano Version)

HMV : ブラームス/交響曲第4番(四手ピアノ版) icon


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ