ロリーナ・マッケニット/ザ・ブック・オブ・シークレッツ
Loreena McKennitt/The Book of Secrets
(1997)



Amazon.co.jp : The Book of Secrets

HMV : The Book of Secrets icon

Tower@jp : ザ・ブック・オブ・シークレッツ



こないだ、晩酌のあと、ソファに寝っ転がってフィギュア・スケートを見ていますと、
安藤美姫の使用曲に何やら聴きおぼえが。

「こ、この曲はたしか、ロリーナ・マッケニットの、えーと、なんだっけな、なんだっけな・・・」

酔ってるせいか思い出せません。 決してボケたわけではないです。 たぶんないと思う。 ないんじゃないかな。
演技そっちのけでブツブツ言ってると、家族に「邪魔だ」と言われてしまいました。

あとで調べてみると、
そーだったー! アルバム”The Book of Secrets”収録の”Marco Polo”という曲でした。
思い出した思い出した、このアルバム大好きなんですよ〜(なら覚えとけよ)

 

ちなみに安藤美姫選手は優勝しました
やっぱり曲がいいからだなあ〜(←違う)。

ロリーナ・マッケニット7枚目のアルバム、The Book of Secrets
もともとケルティック・ミュージックをハープで弾き語ることから始まった彼女の音楽は、しだいに地理的・時代的に拡大・放浪しはじめ
前作"The Mask and Mirror (1994)"あたりから、中近東・東洋風な響きを濃くします。
この”Marco Polo”という曲はまさに典型で、ほとんどアラビア音楽
いまにも壺からコブラが出てきて踊りだしそうです(なんじゃそりゃ)。

もちろん東洋趣味の曲ばかりではなく、アイルランド西岸のスケリグ島を歌った曲あり、
イギリスの詩人アルフレッド・ノイズの詩につけた曲あり、ヴェニスにちなんだ曲あり、
ダンテの「神曲」にインスピレーションを受けた曲ありと、音による世界音楽紀行のおもむき。

 The Mummer's Dance
 

12年も前のアルバムではありますが、いつ聴いてもいいなあ〜ロリーナ・マッケニット
以前にご紹介したDVDつきライヴ・アルバム「ナイツ・フロム・ジ・アルハンブラ」とともに
生涯保存ものの大傑作っす!

(09.10.31.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ