タルティーニ/悪魔のトリル〜無伴奏ヴァイオリン作品集
(アンドルー・マンゼ:ヴァイオリン 1997録音)



Amazon.co.jp : Tartini: The Devil's Sonata / Andrew Manze



クラシック一発屋伝説!

クラシックの世界にも一発屋はたくさんいますよね。

「道化師」レオンカヴァルロ「カヴァレリア・ルスティカーナ」マスカーニ(ヴェリズモ・オペラ一発屋コンビとして有名)、
「カノン」パッヘルベル、「乙女の祈り」バダジェフスカ、「ジゼル」アダン、「カルミナ・ブラーナ」オルフ、「バレエ・メカニック」アンタイルなど。

でも最近は自分も含めてマイナー・クラシック好きが増えたので、
たとえばデュカス「『魔法使いの弟子』の一発屋」呼ばわりすると、「交響曲は?」「ピアノ・ソナタ名曲なのに!」などと言われたりします。
ましてやロドリーゴ「アランフェス協奏曲」の一発屋なんて言った日には、下手すると炎上する恐れが(←ここはアクセスが少ないので大丈夫)。

さて、後期イタリア・バロックの作曲家にしてヴァイオリンの名手、ジュセッペ・タルティーニ(1692〜1770)も一発屋。

 「悪魔のトリル」

これ以外の作品、言えますか? 口ずさめますか? 私は無理です(というか「悪魔のトリル」も口ずさめない)。
実際には、130曲以上のヴァイオリン協奏曲、200曲以上のヴァイオリン・ソナタを書き、
演奏・作曲両面で数多くの弟子を育て、ヴァイオリン奏法を大きく発展させた、音楽史上の重要人物であるらしいのですが、
まだまだ研究が進んでいないところが大きいようです。

まあ、40年前にはヴィヴァルディ「四季」だけの一発屋と考えられていたことを思えば、
今後タルティーニ・ルネッサンスが訪れることもあるの・・・・・・・・・か????

タルティーニは、青年時代は法律を学び、フェンシングの名手であったとか。
1710年にある貴族の愛人と駆け落ちしたところ、その貴族がタルティーニを誘拐罪で訴えたので、やむなく修道院に入って訴追を逃れました。
暇だったので修道院ではじめて本格的にヴァイオリンを練習、気がついたら名手になっていたという、マンガのようなお話。
でも1716年に名手ヴェラチーニの演奏を聴いて大ショック、「わしゃまだまだまだまだぜよ!」とさらに練習に励んだそうです、えらいですね。

ヴァイオリン・ソナタ「悪魔のトリル」は、
夢に出てきた悪魔が弾いた音楽をそのまま楽譜に書き記した、という逸話が有名ですが、
これはどうやら後世の創作。
そもそもこの曲はタルティーニの死後30年経ってから遺作として出版されたもので、出版社が話題作りのために作った逸話ではないかと。
しかし第3楽章では当時としては極めて斬新な重音のトリルが頻出し、まさに悪魔的な雰囲気をかもし出します。

もとはヴァイオリンと通奏低音(チェンバロなど)のためのソナタですが、
アンドルー・マンゼは、この曲を無伴奏ヴァイオリンで演奏してます。
よっぽど友達いないのかな? 伴奏者を雇うお金がないのかな?(←違う)

 「悪魔のトリル」第3楽章
 

マンゼはライナーノートで、

 「私のヴァイオリン・ソナタは習慣上通奏低音部を伴っています。しかし私は低音部なしで演奏します。それが私の真に意図するところなのです」

というタルティーニの書簡を引用しています。
ヴァイオリンはそもそも悪魔的なところがある楽器ですが、無伴奏だと悪魔度はさらに高まるようです。
「悪魔のトリル」が登場する第3楽章は、自由な装飾音符もたくさん加え、鬼気迫る雰囲気。

このCDは、そのほかの作品もすべて無伴奏ヴァイオリンで演奏しちゃった、きわめて挑戦的なタルティーニ作品集
「悪魔のトリル」のほかも、意外にと言ってはなんですが、面白い曲ぞろい。
ヴァイオリン一丁のみですけど、大きなアゴーギク、反復時の思い切った装飾などマンゼさんかなり「盛って」まして、
変幻自在・天衣無縫・元気溌剌・大胆不敵、ヴァイオリン好きには非常に面白く聴けます。

(2015.04.18.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ