ヴィヴァルディ&ピアソラ/ふたつの四季
イタリア合奏団(DENON COCO-70429)




Amazon.co.jp : ヴィヴァルディ:協奏曲集「四季」

HMV : ヴィヴァルディ/ピアソラ ふたつの四季 icon


ヴィヴァルディ「四季」より「冬」(このCDの演奏ではありません)

前項で取り上げたモーツァルトと同じく、「デンオン・クレスト1000」からのご紹介です。
アントニオ・ヴィヴァルディの、あの有名な「四季」と、アストル・ピアソラの、クラシックファンにはまだあまり有名でない「ブエノスアイレスの四季」を組み合わせたディスク。
録音は1996年。  なかなか面白いカップリングですね。

そういえば1998年には名ヴァイオリニスト、ギドン・クレーメル率いる「クレメラータ・バルティカ」も、同じ曲目のCDを録音しています (タイトルは”Eight Seasons”) 。
私、こちらのほうは、発売と同時に買って聴きました。
しかしクレーメルらしい才気は存分に感じさせてくれるものの、あまりに鋭角的/攻撃的な演奏ぶりに、ちょっとついていけなくて、
以後ほとんど聴き返していません。 (一般的には絶賛されました、念のため)

さて、イタリア合奏団の演奏、今回初めて聴いたんですが、とても良かったです。
通奏低音に、チェンバロだけでなく、テオルボ(ギターみたいな楽器)とオルガンを動員していて、つごう3つの楽器で音楽を支えます。
こういう編成での演奏、かなり珍しいと思いますよ。
のっけからオルガンのほわーんとした響きが弦楽合奏を包みます。 独特の雰囲気。
「秋」の第2楽章では、テオルボが即興でアルペジオを奏で、「冬」の第2楽章では、オルガンが優しい暖かさを演出します。
ヴァイオリン独奏や弦楽合奏は、オーソドックスな、上品系の演奏。 音が綺麗です。
「物足りない」という人もいるかもしれませんが、美しく、よく歌っている名演だと思います。
少なくとも私は、クレーメル盤より、こちらが好みに合います。

さて、ここ数年、クラシックの演奏家が積極的にアストル・ピアソラをとりあげるようになりました。
クレーメルの "Eight Seasons" では、ヴィヴァルディとピアソラを交互に収録しているのですが、
イタリア合奏団は、ヴィヴァルディが全曲終わったあとでピアソラです。
彼らの「ブエノスアイレスの四季」は、クラシック音楽的な端整な美しさを強調した、クールな演奏。
「四季」で見せてくれた暖かみとはまた違った世界が楽しめます。
ただ、「ブエノスアイレスの四季」に関しては、クレーメルの演奏もなかなか良かったです。
現代音楽風なアレンジで、随所でヴィヴァルディの「四季」も引用、ソロ・ヴァイオリンのカデンツァもあり、
まるでクレーメルのオリジナル曲のよう。イタリア合奏団のとは完全に別の曲になってます。

このイタリア合奏団の一枚も、1000円ならば超お買い得! ジャケットもおしゃれです。
限定盤のようなのでお早めに。

(02.6.24.記)



クレーメルの"Eight Seasons"

Amazon.co.jp : Vivaldi and Piazzolla: Eight Seasons

HMV : Eight Seasons icon


ピアソラ/ブエノスアイレスの夏(このCDの演奏ではありません)



「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ