モーツァルト/ディヴェルティメント K.334 & K.113
ウィーン室内合奏団 (DENON COCO-70441)



Amazon.co.jp : モーツァルト:ディヴェルティメント

HMV : モーツァルト/ディヴェルティメント第17番 icon

Tower@jp : モーツァルト:ディヴェルティメント ニ長調 K.334 ディヴェルティメント 変ホ長調 K.113



You Tube/ディヴェルティメント第17番・第3楽章

あいかわらずクラシックCDは安値攻勢が続いています(ありがたいけど、ちょっと心配)。
今月、国内盤の1000円シリーズに、新たなラインアップが加わりました。
日本コロンビア系のデンオンから出た、「デンオン・クレスト1000」全70枚。
すべて再発売ですが、なかなかあなどれない品揃え。
かなりのクラシック・マニアでも食指をそそられるアイテムが並んでいます。
発売早々、つい十数枚も買ってしまい、CDの山と軽くなった財布をながめつつ、呆然としている人もいます。
(それは私です)。

さて、とりあえず聴いたなかから、大変気に入ったものを。
モーツァルト「ディヴェルティメント K.334」 をメインにした一枚です。
ディヴェルティメントは「喜遊曲」と訳されますが、
偉い人やお金持ちの宴会のBGMとして作曲を依頼されたもの。
ですから、難解な作品はもってのほか。 あくまで流れるように、気楽に聴ける音楽が要求されます。
モーツァルトは、こうした「機会音楽」をたくさん書いていて、しかも傑作が多いのです。
「どーせ聴き流される音楽だし、てきとーに済ましちゃお」 と、片付ければいいものを、
(いやモーツァルト自身は実際、適当に書きなぐったのかもしれませんが)
出来上がった音楽は、簡潔で軽いけれど、優雅さと深い魅力をたたえた名作ぞろい。
ほんと〜に、天才です。
モーツァルトのディヴェルティメントは、K.247、K.251 など、良い曲がたくさんありますが、
最高傑作は、最晩年の K.563、ついでこの K.334 ではないでしょうか。

K.334 の編成は、弦五部とホルン2本。 本CDでは最少人数の7人で演奏しています。
第1ヴァイオリンが、ほとんど休みなく美しい歌をつむいでゆきます。
この第1ヴァイオリンを担当しているのが、
ウィーン・フィルのコンサート・マスターだったゲルハルト・ヘッツェル
艶のある、したたるような魅力的な音色です。
(ヘッツェルは、本CD録音の翌年の1992年、登山中に足を滑らせて52歳で急逝してしまいます。)
曲は6つの楽章からなります。
どの楽章もきれいなメロディで一杯ですが、第3楽章の「メヌエット」はとくに有名です。
私は第1楽章と第6楽章「ロンド」が好きかな。

この曲、名曲のわりに録音が少なくて、
1973年録音のボスコフスキー盤が、いまだに定盤と言われていますが、
ウィーン室内合奏団の演奏もとても素晴らしいものです。
これで1000円なら、ホントにお買い得。

(02.6.23.記)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ