ボリス・チャイコフスキー/管弦楽作品集



Amazon.co.jp : Boris Tchaikovsky: Chamber Symphony; Sinfonietta for Strings

HMV : Boris Tchaikovsky/Sinfonietta, Chamber Symphonyicon


<曲目>
弦楽のためのシンフォニエッタ(1953)
室内交響曲(1967)
弦とオルガンのための6つのエチュード(1976)
前奏曲「鐘」(1996)



チャイコフスキーといっても、ピョートル・イリイッチではありません。
ボリス・チャイコフスキー(1925〜1996)は、20世紀ソ連(ロシア)の作曲家。
ショスタコーヴィチの弟子であり、ピョートル・チャイコフスキーとは、血縁関係はないそうです。
初期から晩年までの作品をバランスよく並べたCDです。

1曲目の「弦楽のためのシンフォニエッタ」
う、美しい! 20世紀後半に、こんなにも古典的で美しい曲を書いてよいものでしょうか。
第2楽章「ワルツ」は、ピョートル・チャイコフスキーをほうふつとさせる、浪漫&叙情の世界。
第4楽章「ロンド」は、幸せいっぱい、何の悩みもなさそーな音楽。
ショスタコーヴィチより、ずっと保守的です。 弟子が師匠より保守的な音楽を書くとは・・・

 ボリス・チャイコフスキー:弦楽のためのシンフォニエッタ・第4楽章
 

と思っていたら、2曲目の「室内交響曲」で、またびっくりします。
切り裂くような音響、錯綜するメロディ、うわあ、これって現代音楽じゃん。
音数は少なく、しかもブッキラボーに「ほれ」と投げ出すように、音を「置いて」いくような音楽。
クレヨンしんちゃんの声で「ききたければきけば〜」と言っているようなブッキラボーさ。
しかし決してつまらなくはなく、非常に刺激的。 なんなんですかこれは。

「弦とオルガンのための6つのエチュード」は、静謐で瞑想的なアンダンテに始まります。
オルガンによる合いの手が、次第に緊張感を高めてゆきます。
全曲を貫く切羽詰った感じ、シュニトケやグバイドゥーリナとの共通点が感じられます。

 

ただ、第3曲(トラック13)の主題は「オーケストラがーやってきたー」という懐かしいTV番組のテーマ曲にそっくりで、
思わずガクーッと力が抜けてしまいます。 好きだったなあ、あの番組・・・。
重々しいんだか遊んでるんだかわからない、奇妙な肌触りの曲です。

最後の「鐘」は、遺作となった小品。 のほほんとして、平和。 
でもつかみどころがないというか、はぐらかされているような気がしないでもない。

・・・最初のロマンティックまっしぐら「シンフォニエッタ」を別にすれば、
「シニカルな音楽を書く人だな」という印象です。 何を考えているのか、容易にわからせません。
恐らくとてもシャイな人だったのではないかと、
CD一枚聴いただけでエラソーに性格判断までするオマエは何様だと、自分にツッコミをいれたりしてます。

(04.9.30.記)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ