ボリス・チャイコフスキー/ピアノ協奏曲、クラリネット協奏曲
カンタータ「黄道十二宮」

(Naxos 8.557727)



Amazon.co.jp : Boris Tchaikovsky: Piano Concerto: Clarinet Concerto; Signs of the Zodiac

HMV : Boris Tchaikovsky/Piano Concerto icon

Tower@jp : B.TCHAIKOVSKY:PIANO CONCERTO/CLARINET CONCERTO

この人、ぜったい変ですぜ。
変だけどスゴイ。



ボリス・チャイコフスキー
(1925〜1996)

ピョートル・チャイコフスキー
とは別人です。 
ついでに言えば、親戚でも子孫でもありません

「ピアノ協奏曲」
(1971)冒頭、ピアノに提示される主要主題は、
 「ソソソソソソソソ ソソソソソソソソ」
・・・これって「主題」といえるのかぁ?
しかし驚くなかれ、これだけで一楽章まるまる持たせてしまうどころか、
聴く者の耳を捕らえて放しません。

かつてモーリス・ラヴェルは、メロディを展開せず、
ただ繰り返すだけで曲を書こうと思い立ち、名曲「ボレロ」を作りましたが、
ボリス・チャイコフスキーは、「同音反復」だけで見事な楽章を作り上げてしまいました。
まさにマジックです。 (考えようによっては聴く人をからかっているともとれますかなぁ・・・)

 ピアノ協奏曲・第1楽章
 

第2楽章では、ショパンのピアノ協奏曲第1番第2楽章の主題が引用されます。
どういう意味があるのかよくわかりません。 ある種のギャグまたは皮肉なのでしょうか?

「クラリネット協奏曲」(1957)は、初期の作品。 
この時期のボリチャイは、素直で素朴で叙情的な作品を書いていました。
第1楽章の、のどかで美しいこと。 第2楽章の沸き立つような音の戯れ、第3楽章の晴れがましい陽気さ。
ど真ん中のストレート的に楽しい曲です。
この人、どこでどうひねくれて、妙な曲を書くようになったのでしょう? 
面白いからいいけど。

ソプラノとハープシコードと弦楽のためのカンタータ「黄道十二宮」(1974)は、
インストゥルメンタルの長い「プレリュード」のあとに、4人の詩人の詩に曲をつけた4曲からなる歌曲集。
「プレリュード」で提示した素材が、続く4曲で使用されます。
詩は静寂と死を連想させる内容、音楽は繊細で神秘的な表現、じつにシリアスで美しい作品です。
ショスタコーヴィチ交響曲第14番「死者の歌」(1969)を思わせます。

ボリス・チャイコフスキー(1925〜1996)は、今年没後10年。
ナクソスのようなメジャーなレーベルからCDが出たのはメモリアル・イヤーゆえでしょうか。
これを機会に多くの方に聴いていただきたいものです。

なお、「ピアノ協奏曲」に関しては、作曲者自身による演奏もあります。
実はこちらのほうがキレがいいかも・・・(ピアノうまかったのね)

(06.2.11.)

「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ