TRACYANNE & DANNY(2018)



Amazon : TRACYANNE & DANNY (IMPORT)


先日、車の中でこのアルバムを流しているとニョウボが、

 「これ、いつの曲? 古い曲?」

と訊いてきました。

 Alabama
 

うんにゃ、最新のミュージックじゃけんねえ、これ(←何弁?)、2018年に出た新しいアルバムなんですよ。
まあ、レトロなサウンドであることは否定しないけど。

 TRACYANNE & DANNY

グラスゴーを拠点とする”カメラ・オブスキュラ Camera Obscura”のフロントウーマン、トレーシーアン・キャンベルが、ダニー・コーランというシンガー・ソングライターと組んだデュエット・アルバム。
”カメラ・オブスキュラ”は、2001年から2013年までに5枚のアルバムを発表しましたが、2015年キーボード奏者のキャリー・ランダーが骨肉種のため33歳で死去して活動休止。
これはトレーシーアンの新ユニットによるアルバムで、キャリー・ランダーの想い出に捧げられています。

さて、どのような新境地を聴かせてくれるでしょうか。

 It Can't Be Love Unless It Hurts
 

こ、これは・・・。

おんなじです。

「カメラ・オブスキュラの新作」と言われても違和感ないくらいです。
フォーキーでトロピカル、カントリーでアコースティックな手づくりサウンドです。
”カメラ・オブスキュラ”のファンとしては安心なような、「さすがにマンネリやろ」と言いたくなるような。
トレーシーアンの声はさらに深みと渋みを増したようで、暖かくてハスキーな声質はとても気持ち良いです。
ダニー・コーランという人はよく知りませんが、味のあるヴォーカルでトレーシーアンとのハモリも綺麗に響きます。

 Cellophane Girl
 

素敵なアルバムです・・・。
シンプルで素朴で古臭くて地味ですが(←オイオイ)、不思議といくら聴いても飽きがきません。

 スタジオ・ライヴ
 

(2019.09.26.)


関連記事
カメラ・オブスキュラ/Underachievers Please Try Harder
カメラ・オブスキュラ/Let's Get Out of This Country
カメラ・オブスキュラ/My Maudlin Career
カメラ・オブスキュラ/デザイア・ラインズ

「音楽の感想小屋」へ

「更新履歴」へ

「整理戸棚 (索引)」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ

コメントはこちらにどうぞ