前のページへ戻る

(素人による音楽形式物語・第6回)

3.その他の形式
A ロ ン ド 形 式


「ロンド形式」。 知ってるかな?

気温とか計ったりする道具・・・

それは「温度計」

じゃあ、ビッグ・ベンとか、バッキンガム宮殿とか・・・

・・・・

もー、「それは『ロンドン景色!』」って突っこんでくれなきゃ!

うーん、考えオチッ!! 座布団全部持ってけ!!

ひええ〜〜。 どってん(ひっくりかえったあ)

ロンド形式は、主題がいくつかのエピソードをはさんで繰り返される形式。
  古くはバロック時代のフランスの器楽曲などで、ロンド主題を仮にとすると、

   A→→A→→A→→A→→A・・・

   という形で使われていたけど、古典派時代(18世紀中頃)には基本的に、

   A→→A→→A→→A

   という形に整理されたの。
   部分で、それまでに出た主題を展開するというパターンもあって、その場合は「ロンド・ソナタ形式」と呼ばれるの。

長ゼリフご苦労さまです。 しかしAとかBとかいわれてもピンとこないのよね〜。

じゃあ、実際に聴いてみましょ。 ベートーヴェンピアノ・ソナタ第8番「悲愴」の第3楽章ね。


ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」 第3楽章


文中のタイミング表示は、このCDによっています。 二十世紀の鬼才・ホロヴィッツの、意外にシンプルな名演です。
   もしお持ちの方がおられたら是非一緒に聴きましょう〜。
   この曲をほかの演奏でお持ちの方は、タイミング表示だけ脳内修正して、是非一緒に聴きましょう〜〜。



Amazon.co.jp.:Horowitz Beethoven Sonatas

HMV : ベートーヴェン/「悲愴」「月光」「熱情」icon


ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「悲愴」第3楽章(このCDの演奏ではありません)

まずロンド主題(A)譜例1)。  きれいでちょっぴりセンチメンタルなハ短調のメロディ。



ベートーヴェンらしくないかわいらしいメロディね。 顔に似合わないというか・・・

ベトちゃん怒るわよ。 0:22から転調のための経過部に入り、第一副主題(B)は0:30から変ホ長調で(譜例2)。
   玉を転がすような華麗なパッセージを間にはさんで、0:52からは穏やかなもうひとつの副主題(譜例3)。



つまり、にあたる主題がふたつあるわけね。いつでもそうなの?

いや、ちょっと例外的。 にぎやかな経過句をはさんで、1:17からロンド主題(A)がハ短調で再現。
   1:36、第二副主題(C)が変イ長調で登場(譜例4)。この副主題がしばらく対位法的に展開されるわ。



賛美歌みたいな感じのメロディね。 でも展開の最後はけっこう盛り上がるわね。

いわばこの楽章のクライマックス、聴かせどころね。
   2:30、ロンド主題(A)三回目の登場。 2:46から、ふたつの第一副主題(B)が順に再現。ただし調はハ長調。

ロンド形式でも再現のときはもとの調にもどるのか。 あ、3:31からまたロンド主題が戻ってきた。 四回目ね。

これが最後よ。そのままロンド主題によるコーダへ。

終わり方もカッコいいわね。 最後にいったん速度を落としてから、一気にパン!と曲を閉じるのがクールっていうか。

型通り、A→B→A→C→A→B→A になっていたでしょ。 形式的によく整った、美しい曲よね。

ホントにきれいな曲だわ。ベートーヴェンって、こんなのも作ってたんだ。


ベートーヴェンのピアノ・ソナタ第8番「悲愴」について

ベートーヴェン(1770〜1827) はピアノ・ソナタを全部で32曲残したの。
   後期の曲は、型にはまらない深遠な曲が多いんだけど、この曲は初期の作品で、きちんとした形式で書かれているわね。

ベートーヴェン何歳の作なの?

28歳。とっても人気がある曲よ。 第2楽章のメロディもとても有名で、1980年代にはアメリカで歌詞をつけて歌われ、
   "Midnight Blue"というタイトルで大ヒットしたこともあるわ。

全曲聴きたくなってきたな。 最後まで起きていられれば。

全3楽章で20分ほどのコンパクトな曲よ。 あ、それから、ビリー・ジョエルも、"This Night"という曲で、やはり第2楽章のメロディを引用しているわ。

お願いだから、歌うのだけはやめて〜。

(05.8.27.)

次のページへ

前のページへ

「素人による音楽形式物語」目次に戻る

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ