ラインベルガー/ヴァイオリンとオルガンのための作品集
(Line Most, violin  Marie Ziener, organ)



<曲目>
ヴァイオリンとオルガンのための6つの小品 作品150
ヴァイオリンとオルガンのための組曲 作品166


Amazon.cp.jp : Rheinberger: Works for Violin and Organ,

HMV : ラインベルガー/ヴァイオリンとオルガンのための音楽 icon

Tower@jp : RHEINBERGER:WORKS FOR VIOLIN & ORGAN


みなさまこんにちは。
男性でウエスト85cm以上はメタボ、などと言われるようになり、オナカ周りが気になる今日この頃です。
私も半年ばかり前から、風呂上りに腹筋運動をたしなんでおります(ちょっとは引っ込みました)
ウエスト、あと3〜4cmは引き締めたいなあ。
というわけで、このたび通信販売で「腹筋座椅子」というシロモノを購入いたしました。


Amazon.co.jp : ミズノ じつは腹筋くん


太ももを抑えてくれるので、ひとりでも効率よく腹筋運動ができます。
普段は座椅子としても使えるスグレもの。
いやあ、こういう商品を待っていたのですよ!
たまに腹筋しようと思っても、家族は足を押さえてくれないので。。。

・・・喜び勇んで腹筋運動して、いきなり腹筋をつってしまった私ですが、みなさまお元気でしょうか。


さて、腹筋運動とはまったく関係ありませんが、最近購入してとても良かったCDをご紹介いたします。

  ラインベルガー/ヴァイオリンとオルガンのための作品集(Naxos 8.557383)

ヨゼフ・ガブリエル・ラインベルガー(1839〜1901)は、リヒテンシュタイン生まれ、
主にオルガン曲で知られる作曲家・・・らしいですが、私も最近まで知りませんでした。
ある本でこのCDが強力にプッシュされているのを読んで買ってみました。

オルガンとヴァイオリンという組み合わせ、奇妙な感じもしますけど、
前期バロックのヴァイオリン・ソナタでは、オルガンが伴奏(通奏低音)をつとめることはよくあること。
しかしロマン派以降では確かに珍しいですね。
なおこのCDのオルガンは、通奏低音用のポジティヴ・オルガンではなく、教会のパイプ・オルガンです。

 ラインベルガー:ヴァイオリンとオルガンのための組曲より第3曲
 

アルビノーニ「弦とオルガンのためのアダージョ」にも似た、
擬似バロック風ロマンティック・ワールドが延々と繰り広げられる60分。
映画音楽かイージーリスニングかと思うような、スロー〜ミディアム・テンポの、心地よい曲ばかりです。
ひたすら甘いマタタビ催眠音楽とでも申しましょうか。
パイプオルガンの柔らかい音色に包まれて、優雅&たおやかに歌うヴァイオリン。
これ聴きながら湯船につかれば、5分でよだれ垂らしながら寝てしまうことでしょう(危険!)

寒い2月にこんなCD聴いていると、眠くなってきます。
いっそ冬眠したいっ! もう寝るっ!(←腹筋はどうなったんだ)

(08.2.16.)


「音楽の感想小屋」へ

「整理戸棚」へ

「更新履歴」へ

HOMEへ


「いろりばた(掲示板)」へ